くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

妊娠線を消すニベアクリーム、オイル(馬油・ノコア)、マッサージは?

投稿日:

妊娠線

妊娠中期から出産後に気になる「妊娠線」

皮膚がひび割れてしまい
妊婦さんの7割り近くは妊娠線が出来てしまい
なかなか消えない事で悩まれているといいます。

妊娠線は消す事ができるのか?
その方法やクリーム、
治療方法についてなどご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠線や肉割れを消す方法とは?予防は?

妊娠線とは急激にお腹が大きくなる妊娠5ヶ月目
それ以降に起こるいわゆる皮膚の亀裂をいい、
お腹の皮膚の下にある真皮が急激な伸びに付いて行けず
裂けてしまった状態が皮膚表面に現れる状態をいいます。

妊娠だけではなく肥満においても
肉割れ(ストレッチマーク)とも言われています。

この妊娠線や肉割れを消す方法としては
おおまかに「2種類」

・専用クリームやオイルで保湿ケア
・手術や美容技術を使った治療

といったものがあり、
予防からケアまで手軽に出来るものとしては
専用クリームやオイルを使用したケアといえます。

真皮や表皮といった皮膚を柔軟にしておくことで
急激なお腹の皮膚の伸びに耐える様にすることで
妊娠線が出来にくくさせる事は可能であるといいます。

とにかく「保湿」といいたいところですが、
何でも良い訳ではなく、
やはり皮膚の下部の再生が期待出来る様な
成分が含まれている事もポイントになってきそうです。

スポンサーリンク

妊娠線を消すクリーム、ニベアや馬油といったオイルや”ノコア”、マッサージは?

妊娠線や肉割れを予防とケアで必要な事は
「保湿」です。

急に妊娠5ヶ月目あたりで始めるというよりも
早めに初めておかなければ皮膚にもサイクルがあるので
そうは急に変わることはありません。

普段からボディケアにオイルを塗ったり
クリームを塗る習慣がある方ならば苦にならないと思いますが、
習慣づいていない方は意識しておきましょう。

そこで毎日ケアしてゆくことで必要な保湿、
クリームといえばコスパの面で「ニベア」や、
オイルなどでいえば「馬油」といったものが思い浮かびます。

もちろんコスパや保湿が高いものなので、
使用する事やお腹の赤ちゃんにも安心して使えます。

効果に至っても人によって様々で、
「ニベアだったから」「馬油」だったから」
効果の有無が変わるといった訳では無さそうです。

もちろん妊娠線に特化したクリームで
人気のある「ノコア」などを使った方が
その作用は異なると思いますが、
これにいたっても個人差といってもよいといえます。

妊娠線を消す治療、レーザー?

妊娠線や肉割れはお腹以外にも
お尻や太もも・二の腕やバストにも出来ます。

そして妊娠線や肉割れのケアクリームやオイルでは
なかなか効果が現れにくい方もいらっしゃるのも現実です。

手術などで割れた部分を縫合するといった治療もありますが、
いずれにせよ今度は傷として残ります。

 

治療としてあげられているのは

・レーザー治療
・ダーマローラ

といった方法がありますが、
これらは妊娠線などの箇所をあえて傷つけて、
再生を促して治療する方法です。

しかしその範囲や深さによっても
費用や効果の面も異なるので
しっかりとしたカウンセリングを受ける事をおすすめします。

妊娠線がかゆい原因は?対策は?ぶつぶつは?妊娠性湿疹とは?

妊娠線のケアはいつから?予防で消える?クリームは?ニベアでもいい?

妊娠5・6・7ヶ月の妊婦の足がつる原因や食事やマッサージは!

 

スポンサーリンク

-妊娠・妊婦・産後
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.