くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

味噌田楽の作り方!タレのレシピ!こんにゃくや大根、なすの下ごしらえ

投稿日:

ナスの田楽味噌

味噌を使った料理に「味噌田楽」がありますね。
甘めのとろりとした田楽味噌がおいしい料理ですが、
お店で食べる様な味噌が作りたい!

そう思う事はありませんか?
家庭でも簡単につくれる味噌田楽、
基本をマスターしましょう!

スポンサーリンク

味噌田楽の作り方、簡単タレのレシピ

味噌田楽を美味しくする「田楽味噌」の作り方は、
本来鍋で味噌や調味料を入れて、
弱火で練り合わせる必要性があります。

しかし、焦げやすい事が難点で、
既成の田楽味噌を使ってしまう事ってありませんか?

しかし、田楽味噌を他に使い回せず、
冷蔵庫の中で日の目を見ないまま
消費期限を迎えることも・・・。

ならば常備している味噌と、
調味料で手軽に作れる方法をマスターしましょう。

味噌田楽の味噌の作り方

味噌 大さじ3
砂糖 大さじ3
みりん 少々

耐熱容器に材料をよく混ぜ入れ、
ラップなどをふんわりとかけて40秒電子レンジで加熱!
レンジの性質によっても異なるので
加熱しすぎない様少しずつ様子を見るのがポイントです。

好みでごまや、ゆずの皮などを仕上げにいれれば
トロッとした田楽味噌が出来上がります。

スポンサーリンク

味噌田楽の作り方、こんにゃくや大根、なすの場合は?

こんにゃくも大根もなすも、
味噌田楽にするととっても美味しい基本の具材ですが、
作り方ってよくわからないという方もいらっしゃるかと思います。

では具材によって下ごしらえ、
作り方をご紹介したいと思います。

こんにゃくの下ごしらえ

食べやすいサイズにカットした後、
熱湯で3~4分茹でてザルにあけ水気を切る。

大根の下ごしらえ

好みのサイズ出来れば3センチ程度の厚みを保って、
細めの大根なら丸に大きければ半月に皮をむいてカット。
お米かとぎ汁、小麦粉少々などで20分程度アク抜きとして下茹で、
取り出して水で洗った後今一度鍋に戻し水とだし昆布を入れて
20~30分茹でて完成。

なすの下ごしらえ

なすは米なすなど大きなものでも同じ作り方を行います。
半分にカットして実の方に包丁で切れ目を入れ、
ボウルに水を貼りアク抜きをします。

大きな米なすは水気を拭き取ってレンジで3~4分加熱し、
フライパンに少々油をひき焼き目をつけます。

それぞれ下ごしらえが出来たら、
あとは味噌をのせるだけ。

仕上げに紫蘇を細く刻んだものをのせても美味しいです。
また、トースターなどで味噌をのせて焦げ目をつけた
田楽も美味しいですが水気が出にくいものを選びましょう

味噌田楽のカロリーは?

茄子田楽は比較的ヘルシーな料理だと思いますが、
基礎になる具材によって大きく変化します。

例えば、油を吸いやすいなすで作ると
カロリーは高く茄子1/2本だけでも
132kcalとされています。

1本分のなすを食べてしまうとカロリーが心配なので、
例えば油を少量を振りかけてアルミに包んで、
トースターや、オーブン、魚グリルで加熱した方が
幾分カロリーを落とせると思います。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.