くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

時候の挨拶 残寒の候はいつ使う季節の挨拶?意味や読み方は?例文は!

冬
立春の候」「春寒の候
余寒の候」「晩冬の候」など2月に用いられる時候の挨拶もたくさんあります。

でも、その違いが分からない、
何が違うの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。

今回はそんな2月の時候の挨拶の中から「残寒の候」を取り上げます。

2月の上旬、中旬、下旬の時候の挨拶 ビジネスやお礼状、招待状での使い方は?

スポンサーリンク

「残寒の候」の時期はいつからいつまで?

では、「残寒の候」とはいつからいつまでを指すのでしょうか?

立春は、寒さの底を迎えると言われる日です。

つまり、その翌日から日に日に暖かくなるということです。

この翌日からの寒さを「残寒」と言います。

ですから、「残寒の候」は立春の次の日から使われる時候の挨拶です。

「残寒」は「余寒」とほぼ同じ時季を指します。

「残寒の候」は立春の次の日から2月末頃まで使うのが適当です。

ですが、送り先がまだ春の暖かさを感じないような気候であれば、3月初旬あたりまでは、使っても違和感はないでしょう。

スポンサーリンク

残寒の候の意味と読み方

2月の残寒の頃に使われる時候の挨拶である「残寒の候」は、「ざんかんのこう」と読みます。

では、「残寒の候」とはどういう意味なのでしょうか?

「残寒」は「余寒」とほぼ同意で、先でも紹介したとおりとは立春を過ぎてからの寒さのことです。

二十四節気のひとつである「小寒」の初日を「寒の入り」といい、大寒を経て立春を過ぎると寒が明けたと考えています。

つまり、“寒が明けても寒さが残っている”ということで「残寒」というのです。

そして「候」は、現在、季節や時季という意味で用いられます。

ですから、「残寒の候」とは“寒が明けた立春を過ぎても寒さが残っている季節”という意味になります。

意味が分かると意外と単純!だと思いませんか?

残寒の候を使った例文

ここでは、「残寒の候」を使ったお手紙の例文を挙げておきます。

“拝啓 残寒の候、貴社ますますお清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別のご厚情を賜わり、厚く御礼申し上げます。
 今年度も余すところ僅かとはなりましたが、
 引き続き格別のご支援、お引立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                               敬具”

今回はビジネス関係者への年度末の挨拶状の例文をご紹介しました。

時候の挨拶を用いたら、結びにも季節感を感じさせる一文を入れたりしますが、ビジネス文書においては個人宛てを除けばあまり用いられません。

結びの文を入れない分、時候の挨拶は失礼のないように使いたいですね。
 

スポンサーリンク

 - 季節 , , , ,

  関連記事

紅葉
深秋の候の時期はいつからいつまで?晩秋の候との違いは?例文を紹介!

季節を表現した時候の挨拶ですが、実際に生活をする上での暦とは季節にずれがあるよう …

桜
花冷えの意味や使われる場面!手紙での時候の挨拶や結びでの使い方

春ごろ、ニュースや天気予報などでも耳にする「花冷え」という言葉、一体どういう言葉 …

晩夏
晩夏の候の意味は?いつ使う時候の挨拶文?拝啓で始まる例文!

晩夏と聞いてどのようなことが思い出されるでしょうか。もしも蝉の鳴き声を想い出した …

雪景色 寒
大寒とは?時期、意味、食べ物は?高野豆腐、手作り味噌、寒たまごって?

1年のうちで1番寒い時期とされる「大寒」 読んで字の如くですね。 日本の暦には季 …

初冬 うろこ雲
二十四節気の小雪はいつからいつまで?意味は?行事・行事食はある?

二十四節気ののひとつに「小雪」があります。読み方は、「こゆき」ではなく「しょうせ …

かぼちゃ
冬至の食べ物といえばかぼちゃと小豆のいとこ煮!由来は?地域の違い?

冬至は、1年の中で一番昼が短く、夜が長い日です。 そして、冬至を境にだんだんと昼 …

梅
新春の候の季節の挨拶を使う時期はいつからいつまで?拝啓から始まる例文

季節を表現した時候の挨拶には様々なものがあり、同じ季節の中でも使われるものが限ら …

雪景色 寒
時候の挨拶 晩冬の候はいつ使う季節の挨拶?意味や読み方は?例文は!

四季がはっきりしている日本では、お手紙などの文章においても季節感を大切にします。 …

12月
師走の候のいつ頃の時候の挨拶?意味は?拝啓から始まる例文を紹介

季節を表す時候の挨拶ですが、実際に生活をする上での暦とは季節にずれがあるようです …

残暑の空と雲
残暑の候の意味は?いつ使う時候の挨拶文?拝啓で始まる例文!

時候の挨拶には実に様々なものがあります。四季折々、その時節にあった細やかな配慮の …