くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

あかぎれとは?原因は?足の指やかかとの治療は?ハンドクリームや薬は?

投稿日:

手荒れでハンドクリームを塗る手

寒い季節、肌がかさついて荒れたりしませんか?
もしかしたら「あかぎれ」かもしれません。

どんな状態をあかぎれというのでしょうか?
その原因や治療方法は?悪化すると大変!
そうなる前に対処しましょう。

スポンサーリンク

あかぎれとは?原因は?ストレス?

あかぎれ自体の症状は、
真皮層まで皮膚がひび割れて、
血がにじんだりピリピリとした痛みが走り、
見た目はまるで切り傷の様な状態です。

さらに、皮膚の水分がなく、
硬くゴワゴワであることが特徴です。

あかぎれになる前に「ひび」という状態があり、
皮膚がカサカサと荒れた状態です。

そして、皮膚に細かなひびが出来たり、
皮膚の溝などに沿って割れて行き、
赤くただれてかゆみを伴います。

つまり、ひびが悪化すると「あかぎれ」になります。

 

なかなか治りにくく、
その原因には「血行不良があります。

冷えが主な原因になりますが、
くり返し起こるため、
更にストレスを感じる事が多くなります。

直接の原因にストレスとは考えにくいですが、
ストレスによって自律神経に作用し、
末梢の血管を収縮させることで血流が悪くなる=冷え
という考え方であれば考えられます。

スポンサーリンク

あかぎれの足の指やかかとの治療は?ハンドクリームは?

手の指もよく使う部分なので困りますが、
足の指やかかとも歩く度に痛みが走るため、
とてもストレスを感じます。

どうしても歩く事は止められないので
その治療法にも一工夫が必要です。

足の指やかかとに出来るあかぎれは、
足に合っていない窮屈な靴を履いている事で
血行不良が起こり皮膚に栄養が行き渡らず引き起こします

つまり治療に関しては、
窮屈な靴を履かない様にし、
とくにかかとは皮脂分泌がないため、
乾燥を伴い易い部分でもあるため、

手軽な方法としてハンドクリームを塗ったり、
ボディクリーム・ワセリンなどを塗ると良いでしょう。

また、角質が厚くなり易い箇所でもあるので
それを抑える尿素入りの軟膏などがおすすめです。

なかなか改善が見られない場合には、
皮膚科への受診をおすすめします。

あかぎれの薬や市販薬は?

自宅で治療をする際には、
トコフェロール酢酸エステル」配合の市販薬を塗りましょう。

 

例えば、ヒビケア軟膏などひびやあかぎれ専用薬があるので、
そうした軟膏を塗って治療します。

同時に食事や血行改善も行いましょう!

食事は、血流を促すビタミンEを豊富に含むナッツ類や、
肌の抵抗力を付けるビタミンAを含む緑黄色野菜
さらに炎症を予防するビタミンB2や、
皮膚再生に必要なビタミンCをバランスよく取りましょう。

そして、血流をよくする様にお風呂に浸かったり、
マッサージを行いましょう。

スポンサーリンク

-健康・医療
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.