くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

牡蠣の食べ過ぎ?適量は?病気や下痢や腹痛などの症状は?アレルギーは?

牡蠣貝

”海のミルク”とされ栄養価の高い「牡蠣」
好みはありますが、好きな方ならオイスターバーや、
かき小屋などでつい食べ過ぎてしまう事があります。

牡蠣を食べ過ぎた時の注意などについて
今回はお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

牡蠣の食べ過ぎ、栄養とは?亜鉛とは?適量は?

牡蠣の栄養はミネラルやタンパク質
とくに亜鉛タウリンといった栄養成分が突出しています。

牡蠣の栄養とカロリー 効能は?

体の細胞を生合成するのに必要不可欠な「亜鉛」ですが、
100g中13.2mgを含んでいます。

亜鉛にも目安量というものがあり、
推奨されている量は、成人男性で12mg、
成人女性で9mgとされています。

平成20年度の厚生労働省での調べでは、
男性で8.9mg、女性で7.3mgは食事から亜鉛を摂取しているので、
それほど意識して食べる必要もないものですが、

ダイエットやインスタント食品などといった
加工品を多く摂ると不足してしまうこととなります。

ストレスや飲酒で消費量が増えてしまうものですが、
上限としては成人男性で40~45mg、
女性で30~35mgとなっています。

スポンサーリンク

牡蠣の食べ過ぎによる病気や症状は?下痢や腹痛、痛風には?

牡蠣の食べ過ぎによる症状は主に亜鉛の過剰摂取によるもので、
副作用としてあげられるものは、

・頭痛、発熱、嘔吐、下痢、腹痛
・倦怠感
・腎臓障害
・神経障害

といったものがあげられます。

また、牡蠣には「プリン体」という成分を含み、
牡蠣もまたプリン体を多く含む食材とされています。
プリン体の摂り過ぎは痛風の原因なので、気をつけたいですね。

腹痛や嘔吐、発熱といった症状には、
「貝毒」や「ノロウィルス」などが考えられますが、

貝毒も種類があり、下痢性の貝毒は牡蠣には見当たらない様、
しかし、麻酔性貝毒や、神経解毒などは当てはまる様です。
加熱しても原因物質は分解されませんが、貝毒が出た漁場では
水質チェックもしているので殆どリスクは少ないです。

多くはノロウィルスの方が多く、
他、腸炎ビブリオ、大腸菌といったものがあげられます。

卵や牡蠣貝での食中毒の潜伏期間は?

ノロウィルスの大人や子供の症状!妊婦は?便の色は?予防や治療!

腸炎ビブリオや大腸菌は70度以上で死滅するので
加熱して食べる分には問題はありませんが、
生食の場合注意が必要です。

多くは紫外線殺菌などが施されているので
安全ではありますが、加熱用なのに生食してしまったり
と言った時にはリスクがあります。

牡蠣の食べ過ぎ、アレルギーは?

牡蠣は食中毒など以外にアレルゲンになる事がある食材です。

食べた後に蕁麻疹や胃痛を起こすといった場合には、
アレルギーが考えられます。

嘔吐や下痢、腹痛も食中毒以外に、
アレルギー症状として出ることも。

よく「牡蠣にあたる」という言葉を耳にしますが、
牡蠣アレルギーというもので1度起きたら
その後、食べると症状を発症します。

体調が優れない時などに起こる場合などもあり、
実際の判断はアレルギー検査を行ってみないと
ハッキリしません。

牡蠣が好きなのにアレルギー・・・と
嘆く前に検査してみるのも1つだと思いますよ!

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

月桂樹
ローリエの生や乾燥の葉の使い方は?どんな料理に使う?効果?代用は?

お料理の味にアクセントをつけてくれるローリエの葉は洋風の煮込み料理には欠かせない …

バナナ
バナナの変色の原因は?防ぎ方は塩水、砂糖水、レモン汁!離乳食には?

バナナが変色することは、当たり前ではありますが、なぜ、変色するのでしょうか? ス …

チンゲン菜
チンゲン菜の栄養やカロリー・効能は?妊婦にはどんな効果がある?

健康に気をつけている人なら普段から野菜や果物を食生活に採り入れているでしょう。 …

ピーマン
ピーマンの苦くない方法!焼肉、焼きそば、野菜炒めの切り方!

ピーマンは、水溶性のビタミンが含まれているため、炒め過ぎると栄養価を失ってしまい …

カレーライス
カレーの栄養やカロリーや粉の成分は?一皿では?うどんやパンでは?

子供の好きな食べ物ランキングでは、ナンバーワンを誇るのはカレーライスだそうです。 …

メロン
メロンアレルギーの症状!喉がイガイガ・蕁麻疹・咳、原因は?花粉症の関係

高級果物の定番として知られているメロンですが、食べると口の中がムズムズしたり、喉 …

ゴーヤ
ゴーヤの栄養成分やカロリー・効能は?妊婦さんには体を冷やすけど良いの?

ゴーヤの原産地は熱帯アジアです。 主に南西諸島と南九州で多く栽培されてきましたが …

しじみ
しじみの栄養やカロリー・効果!子どもや妊婦には?冷凍では変わる?

貝類の中でもなじみのある美味しいしじみ。 比較的手に入りやすく食卓のメニューに加 …

カリフラワー
カリフラワーの栄養やカロリー!その効能は?冷凍や加熱では?

カリフラワーとブロッコリーはお互いによく似ている野菜です。 カリフラワーもブロッ …

栗と紅葉
栗や天津甘栗の栄養成分や100グラムのカロリーは?美容効果は?

目次1 栗の栄養成分やカロリー2 天津甘栗の栄養やカロリー3 栗の栄養成分は美容 …