くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

生姜

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。
飲むとポカポカとしてきてホッとします。

身体が冷える方が日頃から飲んでいる事も
多くいらっしゃると思いますが、
効果的な生姜湯の作り方をご存知でしょうか?

今回は今さら聞けない、
生姜湯の作り方!お教え致しましょう!

生姜湯の効能は?風邪や喉の痛みへの効果は?飲む時間はいつ?妊婦は?

スポンサーリンク

生姜湯の作り方、チューブでは?砂糖、はちみつ、黒糖は?

手軽に使える生姜といえば生姜チューブ
1~2センチ程度をマグカップなどに出して、
甘みをつけて飲んだり、

紅茶に生姜を入れて飲むといった方法が
多く取り入れられているのではないでしょうか?

生姜チューブは生生姜100%ではないことをご存知ですか?

長期保存が可能で常に状態を安定させる為であったり、
生姜の風味を損なわない為に香料であったり、
粘度を高めるでんぷんや粘度材などが入っています。

そのため生姜湯でポカポカ作用を得よう!というには
効果は薄いといえます。

また、甘みを付ける際も白砂糖は身体を冷やす為、
効果を落としてしまう原因となります。

糖分の原料である「さとうきび」「砂糖だいこん」がありますが、
温かい場所で摂れるさとうきびで作られる白砂糖や黒砂糖、
きび砂糖や三温糖といったものは身体を冷やします。

 

寒い地方で摂れる「砂糖だいこん」で作られる
てん菜糖は身体を温める糖分でオリゴ糖を含みお腹の調子を
整える働きもあります。

黒砂糖は意外と思われますが身体を冷やすカリウムが豊富で
砂糖よりも非常に多く含まれています。

はちみつはどちらにも属す事がありませんが、
水飴など添加されていれば身体を冷やすものになるといえます。

スポンサーリンク

人気の生姜湯の作り方、パウダーは?

生姜をパウダー状にしたものが香辛料などが売っている
売り場にあると思います。

実際生姜湯で効果を得るならパウダー状はおすすめです!
しかしこれも100%生姜だけで出来ている事が条件です!

生姜湯を作る場合、生の生姜よりも成分凝縮された
乾燥生姜のほうがより効果を得る事ができ、
漢方薬などでも冷え性対策として乾燥した生姜を使用します。

耳かき2~3杯程度にこのみの甘さをつけて
熱湯を注げば身体をあたためる生姜湯の完成です!

生姜湯も色々なバリエーションで飲まれている方が多く、
甘みを控えたものだと、

・梅干し+生姜+だし醤油

ほかに甘みを付けたものでは、

・生姜+甘み+レモン汁+片栗粉(葛粉)
・生姜+甘み+片栗粉(葛粉)
・大根すりおろし+生姜+甘み

といった組み合わせが人気の様です。

生姜湯の作り方、ダイエットや風邪には?

生姜湯はショウガオールの働きによる効果で、
主に身体を温める効能を持っています。

そのためダイエットの場合は身体の中から温め、
代謝をあげるので寝起きや運動前、お風呂に入る前
1杯飲むとより代謝をアップさせることができます。

風邪は初期症状の場合には効果を発揮しますが、
悪化し喉が痛んだり咳が出るといった、
殺菌作用としては生生姜で得られるジンゲロールの方が
効果を発揮します。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

冷たい麦茶
タヒボ茶とは?成分や効果は?肝臓への影響?副作用や注意!口コミは?

タヒボ茶は、バウダルコという南米の紫色花をつける樹木の約7mmの樹皮内側層が使用 …

豆腐
簡単に網を使う豆腐の水切り方法、キッチンペーパーは?レンジで時短!

最もポピュラーな食材「豆腐」 料理の方法によっては水切りが必要ですが、 水切り方 …

もずく
もずくの栄養やカロリー、効果!髪の毛に効果がある?妊婦や子供は?

もずくと言えば、食べ方で最も知られているのは、「もずく酢」だと思います。 ぬるぬ …

うなぎ蒲焼
土用はいつ?丑の日の意味や由来は?ウナギ以外の6つの食べ物!

夏の暑い時期に迎える”土用の丑の日” ウナギの蒲焼きやうな重などこの日はウナギを …

グラノーラ
ミューズリー、グラノーラ、オートミールの違い!効果で選ぶなら?

簡単に食べられてヘルシーな朝食として シリアルを利用する人は多いでしょう。 最近 …

アスパラガス
アスパラガスの茹で方、時間は?皮は?電子レンジでは?保存は?

アスパラガスは茹でた方ちょっと難しい、そう思う事はありませんか? 茹で過ぎてしま …

味噌煮込みうどん
味噌煮込みうどんの具、食べ方は?本場名古屋では?作り方を紹介

名古屋名物である「味噌煮込みうどん」 各家庭でも思い思いの具を使いレシピがあると …

ほうれん草
ほうれん草の栄養や効果は?妊婦や赤ちゃんにも良い効能が!

お浸しや胡麻和え、野菜炒めなど、食卓に上る機会も多いほうれん草。 どちらかという …

海苔
焼き海苔・韓国のり、味付け海苔の栄養とは?カロリーは?食べ過ぎ?

身近な乾物「海苔」は、 古くより日本の食卓には欠かせないものですね。 あまり普段 …

水を飲む女性
水の飲み過ぎによるデメリットや症状、胃痛やむくみ!太る?猫では?

水というとカロリーもなく、 特に飲み過ぎる事で害はないだろうと思われがちですが、 …