くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

大人も水痘に感染?予防接種や副作用・治療方法は?仕事へは?

投稿日:

ナースと予防接種のイラスト

子供がなる病気といわれる”水ぼうそう
本来「水痘(すいとう)」とも言いますが、
大人も感染する病気です。

大人で初めてかかると重症化しやすく
また幼少時期にかかっても再度かかる事もあります。

あまり知られていない大人の水痘について
詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

水痘、大人も感染?症状とは?死に至る!?

大人のかかる水痘は”帯状疱疹ウィルス”という
ヘルペスウィルスが原因

「接触感染、飛沫感染、空気感染」といった
通常の生活から感染し非常に強い感染力を持ち、
感染者と同室に1時間いるだけで大半の方が感染するほどです。

1度かかると免疫が出来て大人になると罹りにくい病気
などといいますがその免疫は約20年程度とされているので、
初めて発症した時からしばらく経過している方は
再度予防接種を受けた方がよいとされています。

症状は子どもと同様で、
発疹、発熱、頭痛、気分不快など。

 

また、重症化する率は子どもの1.5倍とされ、
子どもの発症よりも発疹が強く口内炎が強く出たり、
上気道に発疹が出来れば呼吸困難に繋がったり、

合併症により慢性肺疾患や肺炎、
心内膜炎、関節炎、肝炎、脳炎などあります。

死亡リスクも高く大人の患者10万人に対して30人の
死亡が確認されていたり少なからずなんらかの
リスクがあるということを覚えておいてください。

どんな方でも感染する病ですが、
免疫不全や妊婦さんなどは最も注意したく、
肝機能や腎機能不全や、

妊婦さんの場合は妊娠20週までに感染すると
2~4%胎児に障害が出る可能性や早産や流産といった
危険リスクが高くなります

水痘の予防接種、ワクチンの副作用は?治療は?

水痘は予防接種を受けることで症状を緩和することが
出来ますが大人の場合は任意接種で保険適用外となります。

20年ごとに予防接種を受ける事が奨められていて、
帯状疱疹の予防にも繋がります。

内科などで受けられますがワクチンの取扱いを
していない病院もあるので事前チェックするとよいでしょう。

費用はおおよそ1回\5,000~\9,000、
2回の摂取が必要となり、
1回目の予防接種から3ヶ月以上の間を開けて
2回目の摂取を行います。

また、水痘の予防接種を受けて3ヶ月は
妊娠してはいけないので結婚する前に
摂取を受けておくことをおすすめします。

副作用は個人差により出ることもありますが、
非常に少ないと言われています。

まれですが発熱や局所症状として腫れや発赤、
高熱が出て水疱が現れた場合には掻き潰さず、
速やかに受診しましょう。

かき潰すと痕が残りますのでご注意を。

水疱、大人は仕事が!出席停止は?

学生などでは学校保健法により出席停止になりますが、
職場の場合は会社によります。

g

しかし大抵は出席停止になると言えます。
感染力も高くかかると大変なものなので、
もしも感染した場合は医師の指示にしたがい、
早めに会社へ報告します。

出勤に関しては症状が落ち着いてからとされますが、
おおよそ1週間とは言われてますが人により
症状の度合いは様々。

出勤可否は医師からの判断、外出も禁止となります。

大人の手足口病の症状は?冬にも!うつる期間は?仕事は?復帰は?

 

スポンサーリンク

-健康・医療
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.