くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

痔疾の病気の3種類と症状!女性に多いのは?効果のある薬は?

トイレ

なかなか病院へ行きづらい痔について、
どのような症状があるかご存知でしょうか。
今回は痔の種類についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

痔の病気の種類と症状

痔は次の3種類に分けられます。

いぼ痔(痔核 じかく)

便秘などで強く力み、
肛門に負担がかかることが大きな原因とされています。

いぼ痔はできる場所により、
内痔核と外痔核に分けられます

内痔核

排便時に強く力むことで、
歯状線より上の粘膜にできた、
いぼ状のはれです。

痛みを感じることは少ない為、
痔だとわからない場合もあり
出血してから初めて気付くことも多いようです。

しかし症状が進行してしまうと、
排便時に内痔核が肛門の外へ出るようになってしまいます。

肛門の外側に内痔核が出てしまった状態を
脱肛といい、
異物感や痛みを感じることがあるようです。

外痔核

排便時に強く力むことで、
歯状線より下の皮膚部分にできた、
いぼ状のはれです。

ほとんどの場合痛みを感じます。

歯状線とは肛門と腸の境界線です。

歯状線より上は粘膜部分、
下は皮膚部分で、
粘膜部分には知覚神経が通っていませんが、
皮膚部分には知覚神経が通っています。

直腸の粘膜組織には知覚神経が通っていないため、
いぼ痔(内痔核)は痛みを感じることはないようです。

歯状線より下の皮膚部分には知覚神経が通っていますので
きれ痔(裂肛)やいぼ痔(外痔核)は痛みを感じます。

内痔か外痔かの見分け方は、
痛みがともなうかどうかなのです。

これでおおよその判断がつくことになります。
(脱肛を除く)

きれ痔(裂肛 れっこう)

きれ痔の最大の原因は痔核と同様で便秘です。

きれ痔は肛門付近の皮膚が切れた状態、
いわば肛門の外傷です。

硬い便が肛門から排出されるときに、
歯状線より下の肛門上皮が切れて裂けてしまいます。

知覚神経は通っているため、
激しく痛み出血してしまう痔です。

下痢便もきれ痔の原因となります。

水分の多い便は炎症を起こしやすいので、
粘膜を弱くします。

慢性の下痢症になると、
粘膜もダメージを受けつづけます。

そのため便が通る時にこすられることで、
きれ痔になるのです。

痔ろう

肛門の歯状線にあるくぼみに傷がつくと、
便に混じった細菌で炎症が起こります

その炎症が広がってしまい、
膿をもった状態を肛門周囲膿瘍といいます。

激しい痛みや発熱をともないます。

この膿瘍が破れたり、
炎症を繰り返すと痔ろうの原因となってしまいます。

痔ろうは自宅治療や薬では治りにくいため、
手術を行うことになります。

スポンサーリンク

とくに女性に多い痔の病気の種類は?

女性に多い痔の種類は切れ痔(裂肛)です。

慢性化しやすく、
男性に比べて女性のほうが多いといわれています。

その大きな理由は「便秘」「冷え」「出産」です。

便秘や出産のときに腹圧をかけ力むことが関係しています。

そして出産後に授乳が始まると、
母乳でかなりの水分が失われてしまいます。

水分が不足することで便秘しやすい体質となってしまいます。

ダイエットによる食事制限も便秘と関係が深いとされています。

痔の種類と効く薬は?

薬は三種類です。

座薬

固形の薬で肛門内に入れると体温で溶けるので
即効性が期待できます。

塗り薬

肛門周囲に塗るものや
チューブ先端を肛門に差し入れて
中の薬を注入するものがあります。
肛門付近にできた坐薬を使うことが難しい、
いぼ痔やきれ痔に使われます。

飲み薬

便秘の場合でしたら便を柔らかくする緩下剤、
炎症を抑える場合は消炎薬や抗生物質となります。

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , , , ,

  関連記事

赤ちゃんのおしりと脚
子供や乳幼児の便秘改善や予防方法は?効果的な食べ物や飲み物を紹介

乳幼児が便秘となった場合の対策として、まずは食事改善と運動、 それでも便が出ない …

口を開けている女性
臭玉のできる原因は免疫反応!取る方法・できにくくする予防方法は?

臭玉とは膿栓(のうせん)というそうで、咳やくしゃみをしたりした時にのどの奥から飛 …

メロン
メロンアレルギーの症状!喉がイガイガ・蕁麻疹・咳、原因は?花粉症の関係

高級果物の定番として知られているメロンですが、食べると口の中がムズムズしたり、喉 …

かゆい幼児
幼児のあせも!頭に出来た場合は?予防や対策・治療薬やローション!

夏といえば汗をかく季節ですが、 あせもの季節でもありますよね。 幼児はあせもをか …

医者と看護師
赤ちゃん・子供・大人のあせもの治し方や対策!服や下着の選ぶポイント

汗ばむ季節になると「あせも」に悩まされる人も多くなってきます。 あせもの症状にも …

ゴマ
胡麻麦茶の作り方!効果や副作用は?妊婦には?カフェインの量は?

生活習慣病を予防するといわれる 「胡麻麦茶」 実際、胡麻麦茶ってどんなもの? 普 …

目の充血
紫外線アレルギーの原因や症状!薬や食べ物の影響?子供の対策は?

陽射しの強い日に外へ出ると皮膚に湿疹が出たり目が充血して痛む といった症状に『紫 …

ダニ
マダニの感染症!潜伏期間や症状や治療?ライム症や重症熱性血小板減少症候群?

アウトドアや外へ出かけると気を付けたいマダニによる感染症。 身近におり、丁度外に …

ナースと予防接種のイラスト
大人も水痘に感染?予防接種や副作用・治療方法は?仕事へは?

子供がなる病気といわれる”水ぼうそう”本来「水痘(すいとう)」とも言いますが、大 …

水虫 足が痒い
水虫の種類や予防方法!3つのタイプ別の治療方法をご紹介!

水虫といえば、お父さんの専売特許のような症状というイメージがありました。 ところ …