くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

紫外線アレルギーの原因や症状!薬や食べ物の影響?子供の対策は?

投稿日:

目の充血

陽射しの強い日に外へ出ると
皮膚に湿疹が出たり目が充血して痛む

といった症状に
紫外線アレルギー』があります。

具体的に他にはどんな症状なのか?その原因は?
薬など治療方法があるのかどうかについて
詳しく解説いたします。

スポンサーリンク

顔や目、腕、足にかゆみ?紫外線アレルギーの原因や症状とは?

紫外線アレルギーとは
日光に含まれる紫外線が元に免疫機能に
異常をきたしてしまう事をいいます。

顔や首、腕や足、目であったり
中には頭皮や唇と露出していたり、
陽に当たる場所に赤く発疹や水ぶくれ
といった症状を起こします。

・内因性
・外因性

と大きく2つに分けられていて、

個人それぞれにより異なるのですが、
紫外線を浴びる量が一定量以上に浴びてしまうと
アレルギーを引き起こすとされる”内因性”と、

服用している薬や日焼け止め、
香料や成分といったものが紫外線によって
反応を起こして起きる”外因性”とがあります。

普段あまり外に出ない方が
急に日光に当たる事でも発疹が出る事も。

 

また、強烈な目の痛みを覚え、
時折目の周りが腫れてしまう方もいらっしゃいます。
その場合には直ぐに目を冷やすとよいでしょう。

他に、中年以降の男性に多い「慢性光線性皮膚炎」があり、
紫外線が当った部分に激しい痛みがおこります。

頭痛や吐き気、倦怠感なども感じる場合があり、
痛みが出た場合はすぐに室内に避難します。

他に遺伝などとも云われているので、
内因性についてはハッキリは解っていません。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーの原因や症状、原因は食べ物や薬?

外因性で起きる紫外線アレルギーには、
食べ物や先にも少し触れた服用している
薬によって発症することがあります。

例えば・・・

抗生物質、解熱鎮痛剤、高血圧治療、抗けいれん薬
潰瘍用薬といったものが紫外線アレルギーの
原因にあるといわれます。

他に肝硬変やC型肝炎、
肝臓障害を患っている方も発症しやすい様です。

 

また、薬以外の食べ物では、
レモン、オレンジ、パセリ、クロレラ など。

「ソラレン」という成分が含まれるもので、
紫外線に対して過敏にさせてしまう働きにより
発症させるといいます。

 

レモンなどは夏場、美白対策などで
直接肌に乗せるなどすることもありますが、
気をつけたほうがいいですね。

 

紫外線アレルギーの原因や症状、検査は?子どもの場合は?対策は?

大学病院や専門の皮膚科などで
光線過敏症テスト」という検査方法を行います。

日光を当ててこれまでの症状が出現した場合に
紫外線アレルギーと診断されます。

お子さんでも紫外線アレルギーを起こす場合はあります。
改善は大人も同様なかなか難しい様で、
対策としては『UVカット』に尽きます。

 

紫外線吸収剤ではなく紫外線拡散剤配合の
肌に優しい日焼け止めがあるので、
出かける直前ではなく30分前あたりには肌に塗り、
肌に馴染んだところで出かけましょう。

 

また、帽子の着用は必須、
陽に当たらない様にと長袖を着せる場合もありますが、
猛暑に長袖は脱水症状を引き起こしますので
陽射しの強い日のお出かけは避けたり、

日傘を使用するなどといった工夫をするといいですよ!

スポンサーリンク

-健康・医療
-, , , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.