くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

バターナッツかぼちゃはどんな味?皮は食べられるの?

投稿日:

バターナッツかぼちゃ
ひょうたんみたいな形が、
表面がベージュ色のつるりとしているのが、
なんだか可愛いバターナッツカボチャ。

味も甘みが強いって、見た目どおりで期待を裏切りませんね!
しかも、長期保存も利くそうです。

一部を使って、切り口をそのままにしても数ヶ月持つというので、
見つけたらとりあえず買っておく、という話も聞きます。
バターナッツカボチャの特徴やその調理法などを知っておくと
とても便利なお助け食材になりそうです。

スポンサーリンク

バターナッツかぼちゃの味

ひょうたんのような形をしたバターナッツかぼちゃは、
上の部分はやや水っぽく、下の種がある部分は甘味が強く食味が豊かです。
その甘味は少しフルーティーな優しさ甘さです。
「バターナッツ」の名前の通りナッツのような風味と
バターのようなクリーミーでねっとりとした食感と
なめらかな舌触りが特徴です。

バターナッツかぼちゃは生でも食べることができます。
シャクっとした食感は柿のようで、
味はメロンのよう、という人もいます。

また火を通すと、ニンジンのような栗のような味わいです。

スポンサーリンク

バターナッツカボチャの皮について

バターナッツカボチャは基本的に種を除けば大体食べられます。
作る料理や状態に合わせて、必要に応じて皮を剥けば十分です。
ですが、バターナッツカボチャの皮は薄いのですが、硬いです。
舌触りが重要なポタージュやプリンなど、ペースト状にして使う場合は
皮は剥いた方がいいでしょう。
生食も然りです。

ですが、フライパンでソテーしたり、オーブンでまるっと焼いてしまうときなどは
皮がついたままでおいしく食べられます。
日本の一般的なかぼちゃも煮物などは皮付きのまま食べますが、
つぶして使うときは皮を剥きますよね。
それと同じような感覚でいいようです。

バターナッツカボチャの皮の扱い方

バターナッツカボチャの皮は薄いので、なんとピーラーで剥けちゃいます。
私たちにとってのカボチャは皮が硬くてなんだか面倒な野菜です。
特に、火の通っていない状態のカボチャの皮とは、ほぼ格闘状態になるほどです。
でも、ピーラーで皮剥きができるなんて嬉しいですよね。

皮も食べられるので、種以外はほぼ可食部です。
果肉部分をはポタージュなどに使って、皮でもう1品!なんていかがでしょうか?
皮を剥く際、少し厚めに果肉を心持ち残します。
それをフライパンで炒めたり、オーブンでローストして、カリッと仕上げます。
塩コショウとオリーブオイル、ハーブミックスなど、
お好みを味付けをすれば出来上がりです。
あっという間に簡単でおいしいおつまみをテーブルに並べられそうです。

スポンサーリンク

-野菜
-

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.