くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

毛玉の取り方 シーツやタイツに出来た場合は?カシミアの場合は?

更新日:

タイツの女性の足
洋服にも様々な素材が有り、
毛玉のつき方に関してもいろいろなつき方というものもありますね。
カシミヤを使っていたり、ポリエステルだったり、
取り方に関しても、しばしば悩んでしまう部分もありますよね。
特に毎日使うシーツなどの手入れも
乾燥する今の時期には大変です。

スポンサーリンク

タイツに出来た毛玉の取り方は?

冬場は、足も細く見せたいという女子たちは、
黒タイツを履いている方々がほとんどですよね。
しかしその反面、毛玉だってついてしまうし、一番難しいのです。

カミソリなども毛玉に活用できるのですが、
生地の薄いタイツにはNGのアイテムなんです。

すぐに破けてしまったり、
電線してしまいます。(涙)

毛玉は静電気に最も反応してしまうので、
タイツなんかはすぐに毛玉の塊が出てしまいます。

使うとしたら毛玉取りの専用のブラシを使うほかありません。
洗いも絶対にネットに入れて洗わないとすぐにダメになってしまいます。

それか、タイツ選びの時に、
もともと毛玉になりにくいものを買ったりすればいいと思います。
最近では各メーカーがあった可塑剤でかつ
毛玉ができにくいというタイツを販売しているので、
グンゼや福助などいくつかのメーカーを試してみると
良いのではないでしょうか?

消耗品なので、ずっと使うのはどの製品も難しいですが、
日常の使い方が一番大切になってくる洋服とも言えます。

カシミヤにできた毛玉の取り方は?

誰もが知っているカシミヤの製品は、
じつはデメリットとして毛玉がつきやすく、
こまめな手入れが必要な上質な製品になっているんです。

お手入れは、手で取り払うか、
繊維バサミで取る方法です。

生地がいいぶん、摩擦にとっても弱くなっています。
手間をかける手入れが品質を損なわない大切なお手入れなんです。

その他にもいろいろなお手入れがあります。
シミが出来てしまったりするケースだったりもあるので、
カシミヤの製品は毛玉の取り方に関しても
下手な小道具が使えないので、結構手間がかかるものなので、
プレゼントしたいときなどは
十分管理のできる方に差し上げないと、
ワンシーズンで終わってしまうかもしれないので、
慎重に選んであんまり大ぶりのものは
プレゼントにするのは難しいかも知れないです。

スポンサーリンク

シーツに出来た毛玉の取り方は?

シーツって毛玉とるときにやっぱり
クリーニングに出してしまうことが多いですよね。

こちらのシーツの毛玉とりもやっぱり百均で売っている
スポンジが大活躍します。このような分厚い布には
面積も広いスポンジが一番相性がいいですね。

じつはみなさんが良く利用するクリーニング屋さんでも
このスポンジでとっているそうですよ。
それが自分で100円で取り除けてしまうなんて
お得感も出てきますね。

ただ、自分の時間をさかないといけませんので、
時間がない方なんかはクリーニングのほうが
いいかもしれませんね。

ただ、冬場の静電気の出る時期は、
こまめに自分で毛玉を取ったほうがいいと思います。
ずっと放置してしまうとどんどん溜まってしまうので、
快眠を求めるためにも、手入れする癖を
つけていくいいチャンスの時期でもあります。

スポンサーリンク

-生活
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.