くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ビーツの栄養やカロリーは?効果は?妊婦には?にんじんと比較!

ビーツ

ビーツとは、英名でビートルート、テーブルビート、レッドビートと言い、和名はカエンサイ(火焔菜)などと呼ばれる、アカザ科のビートの根を食用にするために改良された野菜です。

形と色がカブに似ているので、赤カブと呼ばれたこともありましたが、ビーツはアカザ科でほうれん草やサトウダイコンの仲間です。

アブラナ科のカブやダイコンとは関係ありません。

ロシア料理を代表する伝統的な煮込み料理「ボルシチ」の中心的な食材で、深紅色のスープはビーツの色素によるものです。

地中海沿岸が原産とされていますが、日本には江戸時代に持ち込まれたと言われています。

一般のスーパーなどで販売されているのはほとんど無く、主に生産している地元で販売されているのが多い野菜です。
通販では割と簡単に手に入ります。

スポンサーリンク

ビーツの栄養、成分

ビーツ(茹で)100g主な栄養100g当り  文部科学省曲品成分データベースより

カロリー 44kcal
たんぱく質 1.5g
炭水化物 10.2g
鉄 0.4g
ナトリウム 38mg
カリウム 420mg
カルシウム 15mg
マグネシウム 22mg
リン 29mg
葉酸 110μg 
ビタミンC 3mg
植物繊維 2.9g

ビーツと栄養が高いと言われるニンジンと比較すると
カロリー:約1.2倍
たんぱく質:約2倍
炭水化物:約1.2倍
ナトリウム:約1.4倍
カリウム:約1.8倍
カルシウム:約0.5倍
葉酸:約5.8倍
植物繊維:同程度

またビーツはニンジンやスイートコーンよりも糖分が多いので、最も甘い野菜と言われています。

ニンジンがちょっと苦手な方も、ビーツなら食べることができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ビーツの栄養、効果・効能

カロリー、たんぱく質は、生命活動に必要な要素で筋肉や臓器の構成成分です。
高齢者は低下ロリー・低たんぱく質とならないように摂取する必要があるものです。

多く取り過ぎると肥満になることもありますが、ビーツなどの野菜類ではそれほど気にすることはなく、食しても問題はありせん。

カリウムはナトリウムと共に水分調節を行い、細胞内液の浸透圧を一定に維持調整し血圧上昇を抑制します。血液内のナトリウム濃度が増えると尿中にナトリウムを排出し、血圧を安定される働きがあります。

ビーツはカリウムを多く含んでいるので、動脈硬化や高血圧の防止、筋肉のスムーズな働きを促し、むくみなどを解消します。

歯や骨を形成し、骨粗鬆症の予防に効能があるカルシウムやマグネシウムも多く含まれています。

硝酸塩も多く含んでいるので、ビーツを摂取すると体内の化学変化により、NO(一酸化窒素)が造られます。

一酸化窒素は血管の平滑筋を弛緩させる働きがあり、血流を良くすることで血管内にコレステロールが溜まるのを防ぎ、脳卒中や心臓病の原因となる血栓を予防します。

ビーツは妊婦にいいの?

妊娠中の栄養は、本人だけではなくお腹の中の赤ちゃんにも大きな影響があります。

妊婦が特に必要とする栄養には、葉酸、亜鉛、鉄、カルシウムがあります。

ビーツは亜鉛、鉄、カルシウムをバランスよく含んでいます。
特に葉酸は赤血球や細胞分裂と増殖、臓器の組織形成などに必要な栄養で、胎児の正常な発育には不可欠です。
その葉酸をビーツは豊富に含んでいるので、免疫力効果や整腸作用、貧血防止に効果があります。葉酸の副作用については報告されていませんので安心です。

ビーツで造られるNOにも血流増加、ダイエット効果、老化防止、美肌効果があるので、妊婦のストレス解消や栄養補給に多く摂取することをおすすめします。

かぶの栄養やカロリー!妊婦や子どもによい効果も!大根と似ている?

にんじんのカロリーや栄養・効果は?葉には?妊婦に良い?悪い?

 

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

グラノーラ
ミューズリー、グラノーラ、オートミールの違い!効果で選ぶなら?

簡単に食べられてヘルシーな朝食として シリアルを利用する人は多いでしょう。 最近 …

はまぐり
はまぐりの砂抜きの方法や時間は?時短テク!!開かない原因は?

お吸い物や酒蒸しなどがおいしいはまぐり。 潮干狩りでもお馴染みですね!はまぐりの …

かぼちゃ
かぼちゃの栄養や効能は?カロリーは?ダイエットに効果あり?妊婦には?

  知っていますか? かぼちゃって、ダイエットにもよし。 冷え症にもよ …

バーニャカウダ
バーニャカウダとは?野菜スティックとの違い!どんな野菜で?食べ方は?

普段から野菜をきちんと食べないと 肌トラブルの原因になったり 便秘になったりと …

ゆでたまご
ゆで卵の殻の綺麗な剥き方!タッパーやコップを使う!息を吹きかける!

お弁当に、サラダに、煮卵、おでん・・・、と いつも大活躍のゆで卵。 毎日のように …

玉ねぎ
玉ねぎのアレルギーの症状は腹痛や下痢・吐き気・頭痛!生や離乳食では?

あらゆる料理に使われる「玉ねぎ」体にとてもよく血をサラサラにするということでも食 …

びわ
びわの栄養やカロリーは?効能は?お茶も妊婦にうれしい効果が!

びわには、葉っぱにもエキスが含まれており、 果物単品としても、幅広く取り入れられ …

水耕栽培
水耕栽培のやり方!キャベツやレタス・トマトやバジル、ミントは?

土を使わず植物を栽培する「水耕栽培」 お庭がなく土を使った栽培が出来ない環境でも …

チアシード
チアシードとは?栄養・カロリー!ダイエットに効果的な食べ方!危険?

スーパーフードと呼ばれ、 ハリウッド女優やスーパーモデルの間も食べているというチ …

くわい
おせち料理の慈姑(くわい)の意味や由来は?作り方や栄養や効果は?

くわいとは、どのようなものか皆さんはご存知でしょうか。 今回は、くわいの名前の由 …