くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

妊活とルイボスティーや食事!サプリは?男性は?

妊娠 妊活

妊活は早めに行う方が有効で、
女性だけではなく男性も行う必要があります。

最も体を作る食物を見直す必要もあり、
不足分はサプリを使用するのが一般的。

では、妊活によい食事や避けた方がよいもの、
合わせてサプリ等に付いてもご紹介します。

スポンサーリンク

妊活の食事、ルイボスティーは?

妊活や不妊症などによいとされている「ルイボスティー」

ルイボスティーは妊娠しやすい子宮作りによいとされ、
いわゆる赤ちゃんの種となる卵子が
着床しやすい様なふかふかとしたベッドを作る
といった言い換えをされることがあります。

それには活性酸素を除去する酵素を多く含むといい
卵子は活性酸素に非常に弱く、
受精に至らずに結果として妊娠が出来ない状況に陥ります。

妊娠しやすい卵子を作るにあたっても、
卵子の状態はしっかり整えておく事が必要です。

ルイボスティ

ルイボスティーは活用しやすく、
妊娠だけではなく体にもよく飲みやすいので、
水分補給の際に飲むとよいと思います。

リーズナブルなルイボスティもありますが、
妊活に繋げる為にはグレードが高く、
オーガニック素材で煮出すタイプがよいとされています。

妊活を目的に販売しているショップのものが
サポートの面や口コミなどでも多く安心して飲む事が出来ます。

スポンサーリンク

妊活と食事、男性のサプリは?

妊活中の食事はとても大切!
やはり日々の自身の体を作っているものは
食事なのできちんと摂る必要があります。

例えば良質な「たんぱく質」を摂る事!
1食に2品はたんぱく質を摂る様にし、
肉・魚・卵や乳製品、大豆製品などといった物が
主に多く含まれている食材になりますが、

さらに子宮の環境を整えるという「亜鉛」と、
葉酸」の摂取は積極的に行っておきたい物です。

そして「鉄分」もよい血液を作る為に
摂りたい食材です。

男性については妊娠しやすい精液を作る「アルギニン
ゴマ等に含まれていて食べ過ぎは禁物ですが、
食事に少々入っている程度は食べておきたい成分です。

さらに生殖機能を強化する「ビタミンE」と、
スタミナアップに繋げる「ビタミンB群」
などといった成分を含む食材を選びましょう。

他には糖質や脂質などは控え目にし、
バランスのよい食事を心がけましょう。

妊活と食事、サプリは?

妊活に最適なサプリメントといえば「葉酸」
食事でも摂って頂きたい成分ですが、

食事で補えない分については
サプリメントで摂取する様にし、
特に葉酸は妊娠には1日「480μg」と非常に多く、
通常でも240μg必要です。

 

それと合わせて精子や卵子の老化防止や
抗酸化作用、細胞活性化などが出来る様な
サプリメントを組み合わせてもよさそうです。

他にも体を冷やさないなど、
細かな事も必要となりますが、
体を作り赤ちゃんを授かるため!

外食やレトルトなどは避けて
きちんと栄養摂取しましょう。

ルイボスプラス

布ナプキンの3つの効果、効能とは?期間はどれくらい?妊娠には?

妊婦は飛行機にいつまで乗れる?国内線・国際線では?妊娠何週まで大丈夫?

 

スポンサーリンク

 - 妊娠・妊婦・産後 ,

  関連記事

赤ちゃんとお母さん
妊婦の食事の注意!食べたほうが良い食事、食べないほうが良い食材!

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんや自身の体に気を配って食材を選ばなければなりません。 …

妊娠線
妊娠線を消すニベアクリーム、オイル(馬油・ノコア)、マッサージは?

妊娠中期から出産後に気になる「妊娠線」 皮膚がひび割れてしまい 妊婦さんの7割り …

空を飛ぶ飛行機
妊婦は飛行機にいつまで乗れる?国内線・国際線では?妊娠何週まで大丈夫?

妊婦さんも里帰りや旅行などで飛行機にのる事があると思います。 しかし、妊娠中は飛 …

妊婦
妊婦の自転車の振動の影響!流産や逆子の原因に?いつまで乗れる?

日常生活で自転車を欠かすことができない人は多いかと思います。 妊娠していても、通 …

体温計
基礎体温を上げる方法や低い原因は?食事や漢方・サプリ・ストレッチ

妊娠を望む場合やダイエットや健康など そうした際に基礎体温を上げると効果的である …

赤ちゃん
羊水混濁とは?原因は母胎感染?影響やリスクは?新生児敗血症とは?

お腹の赤ちゃんの成長に大切な羊水が濁る(混濁)どうして羊水が濁ってしまうのでしょ …

体温計
インプランテーションディップ時の出血、何日?何度?下腹部痛は?

『インプランテーションディップ』はいつ頃?日本ではまだ馴染みが浅い言葉の様ですが …

赤ちゃんと母親
羊水塞栓症とは?原因と症状、アナフィラキシーや予後の後遺症は?

あまり耳にしない「羊水塞栓症」という病名、出産時の母体への危険が共なう危険な疾患 …

赤ちゃん
羊水が少ない原因、過少症?妊娠初期・後期の症状や影響?障害は?

羊水は多過ぎてもいけなく、また、少なくても胎児への影響が危ぶまれます。 なぜ、羊 …

哺乳瓶
赤ちゃんのミルクの飲み過ぎ!下痢?寝ない場合?サインや対処法は?

新米ママさんには心配事は尽きないと思いますが、 成長にも関わる「ミルクの飲み過ぎ …