くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

コンタクトレンズのハードとソフトの違い!メリット・デメリットや値段は?

投稿日:

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを購入する際に、
「ソフト」と「ハード」がありますが、
その名前から柔らいか硬いかの違いというのは
なんとなく解りそうな感じですが、

他にも多くの違いがあり、
自分自身の視力を助けて目によいものを選ぶには
その違いと眼科での相談も必要になります。

ここではコンタクトレンズの
ハードとソフトの違いや比較について
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コンタクトレンズのハードとソフトの違いと比較

コンタクトレンズの種類である、

・ハードコンタクトレンズ
・ソフトコンタクトレンズ

とがありいずれも今では酸素を透過する素材で出来ており、
ハードコンタクトレンズにおいては
シリコンやアクリル系素材を使用しています。

対してソフトコンタクトレンズにおいては
シリコンハイドロゲル素材が主流となっています。

 

ハードにおいてもソフトにおいても
はじめに違和感を感じるものですが、
まばたきと同時にレンズが動く事で多少慣れが生じるのは
ハードレンズの方が必要になることが多いです。

スポンサーリンク

コンタクトレンズのハードとソフトの違い、メリットとデメリット

ハードもソフトもそれぞれに
メリットとデメリットがあります。

ハードの方がゴロゴロ感を要し、
メリットを感じなさそうな気もしますが、
きちんとメリットがあるので、
それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

ハードコンタクトのデメリットとメリット

<デメリット>
・装着当初のゴロゴロした違和感
・使い捨てがなく毎日のケアを要する
・変形や破損・傷がつきやすい

<メリット>
・角膜への酸素透過や負担が少ない
・目のトラブルに気がつきやすい
・動くのでスポーツしている方等には不向き

ソフトコンタクトのデメリット・メリット

<デメリット>
・変形や破損、汚れやすい
・目のトラブルに気がつきにくい
・乾燥に弱くドライアイになりやすい
・角膜への負担が高い
・強い乱視の場合は視力があがらない

<メリット>
・装着感がスムーズで慣れやすい
・ズレが少ない
・柔らかいので角膜へ傷がつきにくい

といった違いがあります。

両方共に共通していることといえば、
レンズ自体が傷尽きやすかったり変形など、
これにおいてはデリケートな素材で出来ているので
扱いは丁寧にが鉄則となります。

また、どんなに目に優しい素材であっても
角膜に傷を付けたりする事もあり、
目が痛む場合などは無理な装着はしない様にしましょう。

コンタクトレンズのハードとソフト違い、値段の比較は?

価格の比較ですが、
コンタクトを購入出来る専門店などで
クーポンなどの割引があればリーズナブルに
購入する事ができますが平均価格でお話しします。

 

ハードコンタクトはレンズの寿命まで
使う従来の方式が一般的で、
その価格は片眼でおよそ10,000円前後
両眼で20,000円程度です。

ソフトコンタクトとなると1日使い捨てであれば
30枚入りがおよそ2,500円程度が平均的です。

とはいえ30枚も同じ度数なら15日分、
両眼で異なるなら度数違いを2箱準備し、
1ヶ月分5,000円程度となります。

1週間や2週間などとなれば
もう少し割高になりケア用品も必要になります。

コンタクトレンズの初めて!費用は?怖い?付け方(入れ方)は?

 

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.