くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

顔の赤みを消す方法は?化粧品や下地は?アトピーや傷の赤みは?

更新日:

悩み

顔の赤みといってもいろいろ種類があり、
赤みを消すといってもその原因によって
それぞれお手入れが異なります。

赤みを消す方法とは?
原因や状況の違いからご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

顔の赤みを消す方法は?

顔の赤みの原因は様々ですが、
その中でも多いのは「毛細血管拡張症
であることが考えられます。

毛細血管拡張症とは、
皮膚の表面から二層めにある真皮に密集している
毛細血管が自律神経の働きにより
本来、拡張収縮を繰り返していますが、

なんらかでその毛細血管が拡張したままになり、
血液の流れが増えた状態になると返って流れが滞り、
肌に透けて赤く見える事で顔が赤く見えるというものです。

顔の赤み

原因についてははっきりしていませんが、
自律神経のうちの血流などを司る
「交感神経」の緊張ではないか?とされています。

他にも気温差が激しいところを行き来したりすると
起きるともされています。

赤みを消す方法としてはレーザー治療
フォトフェイシャルとなり、
家庭でのケアとしては洗顔などで強くこすったり、
寒暖差に注意したりといった方法があります。

スポンサーリンク

赤ら顔を消す、酒さの場合は?化粧品は?

「酒さ」とは一般的には「赤鼻」などといい、
顔が赤くなる症状の1つで、
主に中高年以降が多く、お酒を呑んでいる様に
赤くなるのが特徴です。

酒さの場合は度合いが3段階あり、

第一段階 紅斑性酒さ
顔が赤くほてり、少々太めの血管が糸くずの様に見える

第二段階 酒さ性座瘡(ざそう)
第一段階の症状に加え、ニキビの様に膿胞ができる

第三段階 鼻瘤(びりゅう)
膿胞が更に悪化し瘤の様になり鼻の頭に盛り上がりが出来る

慢性的な症状なのでなかなか治りにくいですが、
皮膚科では一般的にテトラサイクリン系の抗生物質や
メトロニダゾールなどの抗菌剤を服用し治療しますが、

美容皮膚科では、赤みに際してはレーザー治療
もしくはフォトフェイシャルなど行います。

日頃のケアとしては極端な温度差や刺激物、
ストレスや紫外線予防などを行いますが、
化粧品は低刺激でUVケアができるものをおすすめします。

顔の赤みを消す、アトピーや傷の赤みは?下地は?

アトピーの方はアレルギーによって
皮膚バリア機能が正しく機能しないため、
紫外線や少しの刺激で肌が炎症してしまいます。

消す方法としてはステロイド使用が主ですが、
これでも赤みは消えない方もいます。

逆にステロイドで改善しない場合には
薬に頼らず洗顔後にワセリンを薄く塗って、
シンプルなケアに変えてみるという方法も
勧められています。

 

また、傷によって赤みがある場合ですが、
傷による赤みは「ケロイド」「肥厚性瘢痕(はんこん)」
などといい痒みや痛みを起こしやすい傷です。

顔などに出来ている場合には、
イエローベースの下地を使い色を中和させ、
さらにコンシーラーなどを薄く叩くとよいでしょう。

赤ら顔をケアする和漢化粧水白漢しろ彩

女性の顔の産毛の濃い処理方法は?産毛処理は、シェーバー?剃刀?100均

女性の顔や足でのカミソリ負けの原因や症状は?治療は?オロナインでいい?

ワキの黒ずみの原因は?妊婦の場合は?毛穴のブツブツを軽減する方法!

 

スポンサーリンク

-悩み
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.