くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

羊水検査の費用の自己負担金額とは?保険は?医療費控除や高額医療は?

妊婦

羊水検査を受けようか、
費用がどのくらいでどんな意味があるのか
ご存知でしょうか。

特に見えない費用については
これから色々と出費もかさむので
出来る限り知りたい所ですよね。

今日は、羊水検査の費用について紹介します。

スポンサーリンク

羊水検査の費用の自己負担金額とは?

羊水検査とは出生前診断の確定診断の1つで、
血液から行う母体血清マーカーテストや、
新型出生前診断(NIPT)とは異なるもので、
リスクを伴ったり出生前診断を予定している妊婦さんの
不安要素の1つでもあるといいます。

羊水採取をすることで羊水に含まれている
胎児の細胞より染色体異常を調べる検査です。

この検査においては病院によって異なり、
その価格が自己負担で行った場合には
およそ12~15万円といいます。

NIPTで陽性反応が出た場合の確定診断として
羊水検査を実施する場合には
検査費用免除としている事もある様です。

スポンサーリンク

羊水検査は生命保険や保険では?

羊水検査はダウン症の確立を調べる事ができ、
解った場合に堕胎する方が9割を占めているといいます。

羊水検査やクアトロテストなどは
個人任意で国からの補助金もなし、
保険適用もされません。

まだ生まれる前の段階で子の持つ病気が解れば
その覚悟を持って出産を迎え育てて行くというのなら
きっとまた変わったのだと思いますが、

やはり陽性から堕胎という流れをよしとしておらず、
強く命に対して尊重重視する傾向があるためです。

また、羊水検査では陰性であるのにも関わらず
陽性と出る事もあり100%ではありません。

こんなことを問うのもおかしい気もしますが、
特に本来なら問題がなく生まれて来る筈なのに、
誤った確立を信じて小さな命を摘んでしまっている
そんなことがあるのはご存知でしょうか。

様々な異論がありますが、
陰性が出ても100%健常児として生まれる訳もなく、
陽性が出ても100%健常児で生まれて来る事もある
実際には生まれてからではないと解らないのが事実です。

なお、社会保険は適用となりませんが、
生命保険の場合には異常出産としてであれば
対応している様ですが詳しくは加入している生命保険で
確認していただくとよいでしょう。

羊水検査の費用は高額医療や医療費控除は?

高額医療や医療費控除においてですが、
これらは治療が必要になった時に際して
適用するものであるため、
羊水検査に対しては対象外となります。

しかし、検査結果も治療の一環であるとされれば
そうした扱いでの対象となります。

ただ、羊水検査を受けた後に破水をしてしまったことで
破水をして入院に至ったといったケースなどは
”治療”になるので対象になるといいます。

あくまでも知りたいものには何も補償はなく、
知った事で治療を続けるものにたいしては
対象になると覚えておくと良いでしょう。

羊水が少ない原因、過少症?妊娠初期・後期の症状や影響?障害は?

羊水塞栓症とは?原因と症状、アナフィラキシーや予後の後遺症は?

羊水混濁とは?原因は母胎感染?影響やリスクは?新生児敗血症とは?

スポンサーリンク

 - 妊娠・妊婦・産後 , , ,

  関連記事

妊婦
妊婦の自転車の振動の影響!流産や逆子の原因に?いつまで乗れる?

日常生活で自転車を欠かすことができない人は多いかと思います。 妊娠していても、通 …

妊娠線
自宅で出来る妊娠性湿疹の改善や予防!市販薬やヨモギは効果がある?

女性が妊娠するとお腹が大きくなり、行動などにも色々な制限を受けます。 体が変化す …

赤ちゃんと母親
産後うつ病の症状は?2つのチェックポイント!治療時の母乳は?

産後うつという病名をご存知ですか?赤ちゃんを産んだあとに、女性がかかるうつ病です …

哺乳瓶
赤ちゃんのミルクの飲み過ぎ!下痢?寝ない場合?サインや対処法は?

新米ママさんには心配事は尽きないと思いますが、 成長にも関わる「ミルクの飲み過ぎ …

野菜
妊婦は青汁を飲んで大丈夫?ノンカフェイン?人気の青汁は!効果は?

栄養と身体のバランスを保つため、 妊婦さんの食事は注意する必要があります。 そこ …

コーヒー
たんぽぽコーヒーの効能!授乳は?不妊には?作り方や飲み方は?

不妊治療や、母乳育児を実践されているママやプレママなら 一度は耳にしてことがある …

生理用品
布ナプキンの3つの効果、効能とは?期間はどれくらい?妊娠には?

女性の冷え取りなどにも勧められる布ナプキン、 紙ではなくあえて布にするメリット、 …

母乳を飲む赤ちゃん
母乳の飲み過ぎ、寝ない・泣く対処法は?下痢や便秘は?太る?

赤ちゃんが母乳をよく飲む・・・ 飲まないよりは飲んだ方がいいとすら思いますが、 …

胸が痛い女性
乳腺炎や白斑の治し方!キャベツ湿布?食べ物の注意事項、葛根湯は?

乳腺炎は、授乳中の女性によく起こる病気です。 多くの場合、産後6週間以内に起こり …

悩む女性
黄体機能不全の改善、薬や漢方、食事やサプリメントで改善するには?

「黄体機能不全」という不妊や流産の原因の1つ、改善しようと思うけれどどうしたらい …