くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

緊張すると下痢・腹痛を起こす原因とは?市販薬、漢方薬、改善方法は?

投稿日:

腹痛の男性

緊張を感じると、何か特別な食材を口にしたわけでもないのに、
おなかの調子が悪くなる。

そういう症状を、医学的には「過敏性腸症候群(IBS)」といいます。
今回は、緊張すると下痢や腹痛を起こす原因や薬、改善方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

緊張すると下痢・腹痛を起こす原因とは?

この過敏性腸症候群ですが、発症する原因の主な要因が、
ストレスによるものだとされています。

ストレスと一概にいっても、
精神的ストレスだけでなく、環境によっても
引き起こさるようです。

過敏性腸症候群を引き起こすストレスの例として、
仕事、あるいは勉学上の問題を抱えている、
または家族関係において悩みがある、
もしくは、過労、不規則な食生活
それに運動不足もあげられます。

海外旅行や引っ越しなどでも、
発症される方がいらっしゃるようです。

緊張した状態がつづくと、
脳の中の神経である、交感神経が活発になり、
穏やかな排泄ができなくなります。

眠るときに働く神経が副交感神経、
昼間に活動しているときに働くのが交感神経です。

しかし、昼間にも、交感神経と副交感神経は
お互いにバランスをとって、肉体に作用しているので、
あまりに交感神経が活発になると、
肉体にとって良い状態とはいえません。

スポンサーリンク

緊張による下痢・腹痛に効く主な市販薬、漢方薬とは?

では、ストレスにより下痢、腹痛を起こすとわかったら、
そのストレスにどのように対処したらよいでしょう?

ストレスを減らしたらよい、とわかっていても、
仕事を辞めるわけにはいかない、
家族にその学校に入ってほしいといわれている、
引っ越しなど考えられない、
など、さまざま理由があることでしょう。

過敏性腸症候群は、現代社会では増え続けている症状の一種の
ようで、市販薬も販売されています。

市販薬の選び方としては、
下痢が続く方なら、下痢止めと記載されているお薬、
便秘が続く方なら、便秘薬、健胃消化薬、整腸薬と記載されている
お薬を選ばれるのが良いです。

漢方薬を好まれる方は、「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」が
一番適しているようです。

一般的に、漢方薬のほうが自然なお通じがくると
いわれています。

緊張による下痢・腹痛を改善するには?

市販薬を購入して常用しても、症状が改善しない方は、
クリニックに通い、食事と日常生活を指導していただきましょう。

症状に合わせた薬を処方していただけるかもしれません。

それでも、自宅療法を心がけたい方は、
食生活においては、
一日25グラム以上の食物繊維を摂取する
(野菜、豆類をしっかりとる)、

乳酸菌、ビフィズス菌を多く含んだ食品を摂取する
(お味噌汁をしっかり飲む、ぬか漬けを作るなど)、

生活面においては、
一日30分以上のウォーキングや運動を心がける、
十分な睡眠を確保する、

そして、
自分に合ったストレス解消法を見つけ、実践する、
などを試してみてください。

スポンサーリンク

-健康・医療
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.