くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

涙を止める方法は?ツボは?目薬や手術?

投稿日:

涙

涙が出るという状況は、
悲しかったり嬉しかったり、
時には何もないのに涙が出るといった事があります。

ここで涙を止めるには、
どうしたら・・・涙を止める方法をご紹介します。

スポンサーリンク

涙を止める方法、ツボは?

泣かない様にとがまんしているけど、
ついつい涙が溢れてしまう・・・
人前で涙がこぼれてしまいどうにか止めたい!

事情は色々とありますが、
泣かない様にとしていても、
意に反して涙がこぼれてしまう事はあります。

女性の多くはムシャクシャしたり、
仕事での失敗や人間関係といった気持ちの部分で、
男性は感動などで泣き易い傾向の様です。

とはいえども女性だって感動して泣く事もありますし、
男性でも悔し涙など流す事もあります。

仕事や職場で泣かない方法!面接であがり症の場合!卒業式や葬式では

そんな時は少しだけ口を開けてみましょう
大きく開ける必要はなく軽く、
それだけで不思議と涙が止まります。

人は口を開けていると集中して
物を考えることが出来ないため、
泣く事ができなくなるといいます。

他に少し上を向けば、
涙が下へと落ちる事を防ぎ上を向く事で
目が開き涙が蒸発しやすいといいます。

また、涙を止めるツボに「承泣」というツボがあり、
瞳孔の真下にあるツボで、
眼精疲労や涙眼にも効果があります。

スポンサーリンク

涙を止める方法、目薬は?

涙が止まらなくなる目の病気に「なみだ目(流涙症)」
というものがあります。

悲しくもないのに涙が出るので、
涙を止める薬はないか?となります。

 

目尻や目頭からこぼれ落ちる様な状態で、
涙が視界を邪魔することで、
かすみ目の原因になったり皮膚がかぶれるといった
不快な症状をともないます。

・分泌性流涙
・導涙性流涙

多くは片方ではなく両方合併して起きています。

分泌性流涙はドライアイやアレルギーが原因で、
目の表面が敏感な状態で涙が出てしまいます。

それぞれの症状の治療と同様に、
目薬で治療が主になります。

涙を止める手術は?

先にお話した涙が流れる症状の1つ
導涙性流涙は、涙道(涙の配水管)が喉へと抜けなくて
起きる症状でこれには外科的つまりは手術が必要になります。

現在の涙道のつまりを取って再び開通させるか、
新たにシリコンチューブなどで、
涙道を作る手術いずれかになります。

分泌性流涙と導涙性流涙が合併している場合は
目薬での治療を行いつつその効果が十分でない場合に
手術を検討します。

その前に眼の検査が必要となり、
目の表面や涙の状態を確認したり、
涙道のつまりを確認する検査が必要です。

また、ドライアイであったりアレルギーの場合は
別途検査が必要な場合があります。

悲しい訳でもなく涙が止めどなく出る
という場合には最寄りの眼科での受診をおすすめします。

酷いと目の周りの皮膚がかぶれるどころか、
ただれを起こす方も少なくありません。

スポンサーリンク

-生活
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.