くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

陣痛促進剤の副作用や費用?自閉症や発達障害のリスク?ツボや運動?

投稿日:

妊婦

予定日を迎えているのに陣痛が来ない!
ちょっと不安になったりしますよね。

陣痛を促進する方法はあるの?
自然と陣痛を促進する方法があります

いくつか方法をご紹介しましょう。
ただし、すぐに病院に行ける状況は
取っておいてくださいね

スポンサーリンク

促進剤で陣痛を促進する副作用や費用、リスクは?自閉症や発達障害は?

陣痛促進剤」の使用ですが、
分娩を誘発する為
陣痛を促進する為の2つがあります。

使用するタイミングは出産予定日を2週間以上過ぎて、
赤ちゃんの状態や胎盤の機能が低下している際に使います。

また、陣痛を促す場合に使う場合には、
母体の体力や気力、初産などでは陣痛から30時間ほど
超えた時に使われる事が多い様です。

オキシトシン

主にオキシトシンという子宮収縮作用のあるホルモン剤ですが、
薬を使うと強い陣痛が起きた際になかなか
薬が抜けないという事がある様です。

微弱陣痛などトラブルによるものであれば保険適用されますが、
分娩を誘発するだけの目的であった場合は、
投薬や量などによりますが1万~5万円を超えるといいます。

また、胎児への副作用リスクとして、
強い子宮収縮により胎児への酸欠が続くことで
脳性マヒや後遺症、出産後間もなく死亡や、
子宮破裂により子宮摘出など高いリスクが伴います。

その中に自閉症発達障害なども含まれます。

スポンサーリンク

自然な陣痛促進をする方法は?ツボは?運動や掃除、スクワットやあぐらは?

自然な陣痛を促進する方法はいろいろあります。

例えばツボなら「三陰交」というツボですが、
足の内側くるぶしの出っ張ったところから指4本上の
少しくぼんだところを刺激してみます。

他に骨盤を開く運動としてスクワット階段の上り下りや、
床掃除、ウォーキングといった方法があります。

運動を取入れる事で骨盤周辺の筋肉がほぐれて
骨盤の開閉がよくなることで赤ちゃんが降りて来易くなります。

また、一番簡単なのは「あぐら
TVを見ながらなどでよいのであぐらをかいて、
上半身をゆらゆらとゆっくり揺らしていると、
あぐら自体が骨盤が開いている状態なので手軽で自然であるといいます。

陣痛を促進する食べ物は?

食べ物で陣痛を促進する方法は、
個人によってジンクスの様なもので大きく異なる様です。

人に寄ってはカレー焼肉を食べた翌日
陣痛が来てお産になったという方が居たりします。

あるとすれば子宮を収縮させる作用のあるハーブ
・ラズベリーリーフティ
・ジャスミンティ
・ラベンダーティ

といったものがあげられます。

陣痛がおきるまで不安や心配がつきないと思いますが、
そうしたことも実は陣痛がおきにくくする原因でもあります。

まずはリラックスと
常に陣痛が来ても大丈夫な様な準備が必要です。

TVをみながらあぐらをかいて
ゆらゆらしてみる位の気持ちで出産を迎えましょう。

スポンサーリンク

-妊娠・妊婦・産後
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.