くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

茶オリの原因は?妊娠の可能性?痛みや腰痛も続く時期は?流産の危険?

更新日:

困る女性

生理の予定日や妊娠初期に見られる「茶オリ」
妊娠を望んでいる期間ではないときや、
そうであっても気になりますよね。

何か身体に異常でも??
この茶オリの原因とはなんなのでしょうか?

スポンサーリンク

茶オリの原因は?生理前のおりもの、続く場合は?

茶オリは妊娠していなくても見られるもので、
一般的にはストレスなどが原因で、
おりものの色や臭いが変化します。

茶オリは血液が時間の経過から
色が変わったもの
ですが、
生理前や後など月経の際の
血液がおりものと一緒に

出て来ることで茶色になることは多くあります。

ただ、ストレスや妊娠以外に考えられるものには、
子宮内に出血があった場合に見られるもので、
いわゆる不正出血であることもあるので、
あまり続く場合には婦人科で診断を受けるとよいでしょう。

子宮内であっても卵巣や膣など、
茶色以外にもピンクなど見られれば放置しない様にしましょう。

スポンサーリンク

茶オリと妊娠の可能性、生理こない、妊娠初期では?妊娠検査薬では?

妊娠を望んでいる場合に、茶オリが出ると心配ですよね。
一般的に茶オリは過去の出血が時間の経過で出て来るものなので
それほど気にすることは無い様です。

妊娠初期の茶おりは赤ちゃんの成長により
子宮周辺の毛細血管が切れて出血することがあり、
おりものの中に血液が混じり酸化して茶色になる場合や、

受精卵が子宮に着床することで着床出血を起こし、
生理予定日の1週間前や当日に見られる事が多く、
量は少量で妊娠のおしるしとも言われています。

また、妊娠検査薬で反応が出た妊娠超初期に茶オリが出る場合、
化学流産」という場合もあります。

 

いわゆるフライングなのですが、
妊娠検査薬は生理1週間後からの使用が可能ですが、
着床時期である生理予定日1週間前頃から、
高温期が7~10日頃に妊娠検査薬を使うと陽性反応がでて
「祝・妊娠」かと思ったら生理が来たというものです。

これは妊娠時に分泌する「HCGホルモン」が一時的に分泌されることで
妊娠検査薬が反応するホルモンでもあるため陽性反応が出たということです。

茶オリの痛みや腰痛も続く時期は?

妊娠5週あたりから8週頃に茶オリが出ている場合、
量も少量で痛みもない場合にも注意が必要です。

また、この期間に茶オリが続いた後に、
鮮血の出血に変わるなどがあれば、

絨毛膜下血腫」の場合があり、
胎盤が作られる過程で血管が絨毛膜に入り込み、
血管が増える事で出血を起こした状態です。

通常であれば自然と体内に吸収されて消えるものですが、
個人によっては子宮口に近かった場合には、
古くなった血液が出て来る事もあります。

この状態では「茶オリが出る=流産」と繋げるには、
まだ早い場合もあり、茶オリが出る原因は
いろいろあるのでハッキリ決定付ける事は難しいです。

また、5ヶ月目などに入った頃に、
痛みや腰痛もありお腹も張る感じと共に、
茶オリが出る場合には切迫流産の可能性もあります

スポンサーリンク

-妊娠・妊婦・産後
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.