くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

トルティーヤの作り方・カロリー!米粉・薄力粉だけでOK ?巻き方は?

投稿日:

トルティーヤ

エスニック料理の中でも、
手軽に食べることができるものにタコスがあります。

タコスの具を包む生地がトルティーヤですが、
レシピもでており、
簡単に手作りすることもできます。

トルティーヤに好みの具材を包んで、
出来立てのタコスを味わってみませんか。

スポンサーリンク

トルティーヤとは?作り方は?カロリーは?

トルティーヤとは、
メキシコ料理にでてくる、
とうもろこしの粉に水、塩、石灰を加えてこね、
薄く円形にのばして焼いたものです。

主食として料理と一緒に食べたり、
タコスとして食べたりします。

トルティーヤのカロリーは、
260kcal/100g
75kcal/29g(約1枚当たり)です。

トルティーヤの作り方は、
とうもろこしを挽いた粉で生地を作りますが、
塩、水、油を加えてよくこねます。

こねた生地は寝かせた後、
数等分に分割して、
薄く円形に延ばして高温で焼きます。

トルティーヤは、
焼きすぎると生地が固くなってしまうので気を付けてください。

また、生地は乾燥もしやすいので、
焼けた後は乾燥しないようにしてください。

本格的な味わいに近づけたい場合には、
コーンミール
(とうもろこしの粗引き粉、粒子が粗いです)や
コーンフラワー
(コーンミールがより目が細かくなったものです)
などのコーン粉を使ってみてください。

スポンサーリンク

トルティーヤは薄力粉や米粉だけでも作れるの?作り方は?

トルティーヤは、
薄力粉や米粉のみでも作ることはできます。

コーン粉を使うことが本場の味だと考えると、
薄力粉や米粉を使うとトルティヤー風と
いえるかもしれませんが、
色々な食べ方があるとより楽しいと思います。

また、
コーン粉に薄力粉や米粉をブレンドすることもできます。
それぞれの粉の割合を変えることで
味と食感を楽しむことができます。

ブレンドする場合は、
コーン粉の割合が多くなるとぱりっとした食感になり、
小麦粉や米粉の割合が多いと、
もっちりした食感となります。

トルティヤーの作り方は、
粉類と水、塩、などをボールに入れて、
まとめるようにこねます。

粉っぽさがなくなってきたらオリーブオイルを加え、
べたつかずにこねられる固さになったら、
小分けして丸め伸ばします。

両面を中~強火で焼き上げると出来上がりです。

トルティーヤの具材や巻き方は?

トルティヤーの具材には、
お好きなものを巻いてください。

巻き方も食べやすいように巻けばいいのですが、
食べやすい簡単な巻き方は、
具を乗せたトルティヤーの左右の両端少しを
内側に折ります。

次に春巻きの要領で、
下からくるりと巻きます。
中身がはみ出していないので、
食べやすくなると思います。

他には、
ワックスペーパーなどを使ってラップサンドにしても
綺麗に仕上がります。
上からリボンや紐などを使うと、
おもてなし料理にもなります。

ワックスペーパーを使わずに、
巻き終わりをお気に入りのピックで刺し留めても
楽しい仕上がりになると思います。

ピックは、
爪楊枝とマスキングテープがあれば
簡単に手作りすることができますので、
お勧めです。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.