くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

お尻の痒みの原因は?痔・乾燥・カビ?赤みやかさぶたブツブツ!市販薬は?

おしりがかゆい女性

掻くにかけないお尻の痒み。

恥ずかしい場所ゆえに、
そう簡単にかくわけにはいかないですよね。

実はお尻の痒みはポピュラーで
誰しも1度は遭遇したことがあるほど。

そんなお尻にまつわる痒みについて
原因や症状別に解説したいと思います。

スポンサーリンク

お尻の痒みの原因は?赤み、痔?乾燥や痛い!

お尻、いわゆる肛門が痒くなる原因は、
『便』が原因です。

それというのも肛門の中や
直腸などに便が溜まっていたり、

残っていたりすると刺激により
痒みを引き起こします。

これを「肛門掻痒症(こうもんそうようしょう)」
といいます。

 

また、汗などによる刺激で、
皮膚にある汗の出口などが詰まって排出がされず
その周辺に痒みや炎症を起こす事もあります。

そして”イボ痔”や”痔ろう”なども痒みを伴い、
肛門周辺の傷へ細菌による感染をおこし、
炎症や膿など、痒み以外に強い痒みを生じます。

ほかにアトピー性皮膚炎など肌が乾燥しやすい場合や、
蟯虫(ぎょうちゅう)によるものなどでも、
痒みを起こすこともあります。

スポンサーリンク

お尻の痒みとブツブツ、かさぶた!カビ?病院へ!

お尻が痒く、掻いているとかさぶたの様になり、
治ってまた作ってを繰り替えすことがあります。

その場合には「カビ」などを疑います。
色々なところに広がり、
次第にヒリヒリとした痛みになり
非常に辛い状況になります。

さらにカビ菌によるものには、
白線菌による肛門や割れ目に出来る水虫や、
たむし、ぜにたむし、いんきんたむしなどもあります

また、肛門やその周辺などに
ブツブツとしたものが出来る病気もありますので注意が必要です。

 

いずれにせよ菌があるかどうかは
病院で検査をしないと解らないので、
ただの痒みではないな?と思ったら病院へ行きましょう。

お尻の痒み、痒み止め・市販薬は?

お尻などのデリケートな部分の痒み、
もちろん痛みも伴う場合もありますよね。

こうした場合には軟膏を塗る事も多いと思いますが、
痒みを抑える・炎症を抑える供に効果のあるものを
用意しなければなりません。

痒みだからと虫さされなどの痒み止めを塗ると
デリケートな部分故に刺激が強過ぎる事も・・・。

デリケートゾーン専用の軟膏は多くあり、

 

・小林製薬「オシリア軟膏」
・池田模範堂「デリケア」
・ロート製薬「メンソレータム リシーナ軟膏」

などといった市販薬があります。
これらは一般的なお尻の痒みの
原因にのみ効果はありますが、

菌などで起きている場合は、
まよわず肛門科や皮膚科、泌尿器科などの
受診を行ってください。

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , , , ,

  関連記事

七草粥
七草粥を食べる時期はいつ?由来と春の七草の種類は?地方では?

1年の健康を願って食べる「七草粥」は、 クリスマスや、年末年始の忘新年会や、お正 …

コレステロール
LDL悪玉コレステロールを減らす食事や食べ物!お茶やヨーグルト・酢

悪玉コレステロールを減らす事で、 ダイエット効果は元より健康にとてもよい面があり …

赤ちゃんと母親
赤ちゃんの目やにの原因は?結膜炎や鼻涙管閉塞!治療方法は?

生後間もないのに、赤ちゃんが目やにをつけている。それも、寝起きに特にひどくて、か …

水泳
子供の水いぼはプールでうつる危険性は?はいれるの?治療方法は?

水いぼ(伝染性軟属種)は、主に子供がかかるウイルスによる皮膚感染症です。 ほとん …

妊婦
手足口病の妊婦の症状?胎児への感染や影響?臨月や後期の妊婦は?

手足口病は今やお子さんがかかるだけではなく、大人もかかる病気なのはご存知ですか? …

エコノミークラス症候群
エコノミー症候群予防には、体操・ストレッチ!グッズや予防薬は?

エコノミー症候群は、正式にはエコノミークラス症候群という疾病です。ロングフライト …

トイレ
痔疾の病気の3種類と症状!女性に多いのは?効果のある薬は?

なかなか病院へ行きづらい痔について、どのような症状があるかご存知でしょうか。今回 …

赤ちゃん
ロタウィルスの予防接種は必要?副作用は?腸重積?費用は?授乳中は?

重症になりやすい「ロタウイルス」予防接種が任意であることから、受けさせるべきかど …

スポオーツドリンク
冬場の赤ちゃん、子供、高齢者の脱水症状にご注意!原因や症状や対策は?

夏の暑い時期になると、 脱水対策を意識される方は多いかと思います。 外気が上昇す …

お腹を押さえる体調不良な高齢者男女
高齢者の食べ物・飲み物による便秘改善方法。漢方薬やツボ刺激では?

65歳以上の人の約半数が便通のトラブルのため便秘薬や下剤を使用しているという話が …