くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

マンゴーの栄養やカロリーは?冷凍すると栄養価は?妊婦には?

投稿日:

マンゴー

最近、よくスーパーで見かけるようになった南国フルーツ。
マンゴーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
実はマンゴーには女性にとっても嬉しい成分がたくさんはいっているのはご存知でしょうか?
今回はマンゴーの素晴らしい栄養や効能についてご紹介します。

スポンサーリンク

マンゴーの栄養やカロリーは?効能は?

マンゴーに含まれている栄養素は、
ビタミンA、C、B1、βカロテン、葉酸、りん、食物繊維などが含まれています。

・ビタンA 疲れ目や視力低下を抑制する効果。胎児の発育や子供の成長機能促進。

・ビタミンC 免疫を高め風邪予防にはもちろん、解毒作用にも効果がある。
シミやくすみの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用が含まれ、美肌効果も高い。

・ビタミンB1 筋肉疲労の回復や、中枢神経を正常に機能させ精神安定にも効果が高い。

・βカロテン 細胞を保護し、老化防止に効果がある。必要に応じてビタミンAは変化することも。

・葉酸 神経細胞の代謝、成長。
脳神経の伝達物質の生成、促進させる効果がある。ビタミンBの一種でもあり赤血球を造り貧血改善にも効果が高い。

・リン カルシウムと結合して骨の主成分となる。神経や筋肉の機能の必要なミネラル

・食物繊維 腸を整え便秘を改善する。

と、言った成分が多く含まれているので、
アンチエイジングや美容効果絶大です。

カロリーは、100gあたり65kcalです。

さらに、神経系の保護などの効果もあり、
更年期障害やストレスにも効果があるでしょう。
まさに女性がほしい成分をまとめた食べ物だといえます。

スポンサーリンク

マンゴーの栄養素って加工するとどうなるの?

生で食べるのも触感を楽しめますが、
いつも同じ食べ方だと飽きてしまいますよね。
マンゴーは栄養素をうまく活かしながら食感、
味の工夫をすることができるのです

凍らせるのは一番簡単な加工方法ですよね。
マンゴーは、脳細胞の死滅を抑えてくれる効果があるのですが、
冷凍するとマンゴー自身の細胞膜が破壊されて、
人体に吸収しやすくなるんです。
結果、認知症などの症状を予防する効果が高くなると言われています。

塩を振るとマンゴーの甘い香りがより一層際立ち夕食後に食べると安眠効果もあるそうです。

他にはジャムにしたり、ドライマンゴーをヨーグルト漬けにしてみたりと自分好みのアレンジができそうですね。

マンゴーの栄養、妊婦さんには?食べ過ぎると?

栄養価の高いマンゴーですが、妊婦さんには気を付けていただきたい一面も・・。
それは、妊娠初期のまだお腹の赤ちゃんが安定していない状態でマンゴーを食べ過ぎてしまうと子宮収縮が起き流産が起きやすくなる可能性も悲しいことですが報告されています・・・。
心配であれば産婦人科の先生に聞いてみるのもいいかもしれません。

また、食べ過ぎると、マンゴーアレルギーになり、
口の周りに赤い水疱が出来る場合もあるそうです。

妊娠中期から後期にかけてはお腹の赤ちゃんも安定し、お母さんは栄養をたくさん取らなければいけない時期に入ります。
おやつにスナック菓子ではなくてマンゴーのような栄養価の高い果物に変えてあげると極端に食事を気にする必要もなくなってくるので一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.