くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

暮夏の候とは?時期はいつ?使い方!季節の挨拶を含む例文は?

投稿日:

8月

手紙や文章の冒頭で見かける時候の挨拶は
春夏秋冬のなかでも、
さらに細やかな時期を表現した季節の挨拶です。

数多くある時候の挨拶のなかで「暮夏の候」という
時候の挨拶を見かけたことはないでしょうか。

またどのような時期に使われる時候の挨拶なのか
ご存知でしょうか。

スポンサーリンク

暮夏の候の読み方と意味

「暮夏の候」の読み方は(ボカノコウ)です。

「暮」には「一つの時期が終わりになる。終わりの時期」
といった意味があるそうです。

つまり「暮夏」は、
夏という季節の終わりを表しているということになります。

夏も終わりに近づくと、
どこか寂しげな気持ちとなります。

どの季節の終わりも、
そのような名残惜しさと同時に
次に巡ってくる新しい季節への期待感が
込められているものではないでしょうか。

名残惜しく寂しいけれど嬉しい、
そんな相反する気持ちで、
心中は少々複雑かと思われます。

スポンサーリンク

暮夏の候の時期は?いつ?

「暮夏の候」という時候の挨拶が、
何月を表している季語かといいますと、8月となります。

使われる時期はいつかといいますと、
8月の中旬から8月下旬あたりに使われる
時候の挨拶となります。

一般的に、お盆あたりで使うのが適している
時候の挨拶ではないでしょうか。

この「暮夏の候」という時候の挨拶を使うのに、
明確な期間が決まっているわけではありません

夏の終わりを感じ始める頃に使われる時候の挨拶なのです。

暮夏の候の使い方・季節の挨拶を含む拝啓から始まる例文と結び

時候の挨拶「暮夏の候」の使い方を
例文でご紹介したいと思います。

文章は(頭語)から始まり(結語)で結びます。

時候の挨拶は、
手紙の前文で(頭語)に続く書き出しの言葉です。

また、よく知られている(頭語)で「前略」がありますが、
これは前文を略す、という意味ですので
前文である時候の挨拶を使ったときの頭語としては
使用しませんのでご注意ください。

今回は(頭語)に「拝啓」を使います。

◇拝啓 暮夏の候 皆様におかれましては
    ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 

◇拝啓 暮夏の折 立秋とは名ばかりの暑さ続きの毎日ですが、
    お変わりございませんか。

◇拝啓 暮夏の候 夕風に秋の訪れを感じるこの頃、
    いかがお過ごしでしょうか。

◇拝啓 秋まだ遠く残暑厳しき日々が続いておりますが、
    お元気でお過ごしでしょうか。

文章の結びには、相手の体調や健康を気遣い、様子を伺う言葉を使います。

今回は(頭語)が「拝啓」で始まりましたので(結語)は「敬具」となります。

◇涼風待ち遠しい暮夏の折、
 益々のご活躍をお祈り申し上げております。 敬具

◇残暑厳しき折、
 くれぐれもご自愛専一にてお願い申し上げます。 敬具

◇残暑続きの毎日ですが、
 風邪など召しませぬようお気を付け下さい。 敬具 

◇吹く風に秋の気配を感じるようになって参りました。
 どうぞお健やかにお過ごしください。 敬具

まだまだ残暑の厳しい時期ですが、
夏の終わりに、季節の巡りを想いながら
時候の挨拶に「暮夏の候」を使われてみてはいかがでしょうか。

8月の時候の挨拶!ビジネスやPTAで使える残暑見舞い・案内状の例文は?

スポンサーリンク

-季節
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.