くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

京都祇園祭の由来!2015年日程やルートは?日程は?前祭や後祭?

投稿日:

祇園祭

京都を代表するお祭り「祇園祭

1ヶ月にもおよぶお祭りで、
東京の神田祭・大阪の天神祭とならぶ
日本三大祭の1つとして有名ですね。

大阪天神祭2015の日程

特に賑わいを見せるのが、
前祭や後祭の山鉾巡行神幸祭
花傘巡行といった豪華な山鉾や神輿など
見どころがたくさんあります。

では、2015年の京都祇園祭について
由来から日程などといった詳細をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

京都・祇園祭2015、由来は?

祇園祭も古いお祭りの1つですが、
千百年という伝統のある八坂神社の祭礼です。

古くは祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)と呼ばれていて、
貞観11年に京都を始め日本各地で疫病が流行った際に

当時の国の数66カ国にちなみ66本の鉾を立てて、
祇園の神様を祀り神輿を送って災厄除去を願った事から
はじまりであるといいます。

 

現在の山鉾などは室町時代にはあった事が
祇園社記」に記されています。

応仁の乱の際には一度途絶えましたが、
明応9年には復活しその頃から
山鉾巡行の順位を決める鬮取式が行われる様になり、
それ以降繰り返し起きた火災によって
山鉾が焼失するなどありましたが再興し今に至ります。

スポンサーリンク

京都祇園祭2015、日程は?前祭や後祭は?

祇園祭の時期はというと、
毎年7月1日より1ヶ月間行われ、
日々神事が行われます。

その中でも最も観光客や地元の方々が集まる
「前祭(さきまつり)」「後祭(あとまつり)」は、

前祭宵山は7月16日(木)
PM18:00~23:00まで四条通の八坂神社を中心に行われ、

その翌日7月17日(金)AM9:00より
前祭の山鉾巡行が四条烏丸を出発し、
長刀鉾が先頭に立ち23基の山鉾が厳かに進みます。

山鉾は街を巡った後すぐに解体され片付けられるのですが、
鉾が街を巡ることで厄を集めるとされるので、
集めた厄をためない為に片付けてしまうんだそうです。

また、この日はPM18:00から「神輿渡御」が行われ、
三基の神輿の他に東若御座の神輿が氏子区域を渡御します。

そして、2014年より復活した
後祭山鉾巡行は7月24日(金)
AM9:30より烏丸御池を出発します。

この祭は本来の祇園祭同様に戻す為の物で、
約半世紀ぶりの復活です。

24日は他にも「花傘巡行」や
還幸祭」といった
巡行も多く数日の間の京の都は賑やかさ華やかさ、
勇ましさなどとても多く動きがあります。

京都祇園祭2015のルートは?時間は?屋台は??

17日の山鉾巡行(前祭)のコースと通過時間は、

四条烏丸 (午前9時00分) →河原町四条(9:40) →
河原町御池 (10:35) → 新町御池(11:25)

なお、24日の後祭は、
烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:05)
→ 四条河原町(10:40) → 四条烏丸 (11:22)
の予定となっています。

24日同日に行われる花傘巡行のルートは、
八坂神社・石段下(10:00)→四条通を西→四条御旅所→寺町通を北→
御池通を東→河原町通を南→ 四条通を東→石段下を南→
神幸道を東→八坂神社(12:00)

またお祭りと言えば屋台ですが、
前祭宵山の7月15日~16日に出店があり、
この2日間は歩行者天国設定にもなっています。

スポンサーリンク

-旅行, 祭り
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.