くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

男性の貧血の原因にはどんな病気がある?貧血予防や改善に良い食事は?

頭を押さえる男性

「貧血」と言えば女性に多いイメージです。

特に、20代の女性の内20%が貧血と言われています。

女性の貧血の原因は、鉄分不足がほとんどです。
一方、男性は鉄分不足による男性の
鉄欠乏性貧血は多くありません。
ここでは、男性の貧血について探っていきます。

スポンサーリンク

男性の貧血の発見には検査が欠かせない

男性には、そもそも鉄分を失う機会が少ないのです。

そのため、女性に多い
鉄欠乏性貧血になる確率は低くなります。

それでも、貧血であった場合、
重篤な病気が原因という可能性があるので
注意が必要なのです。

ですから、40代、50代で貧血と診断されたら要注意です。

では、男性が貧血になるのはどういった時なのでしょうか?

20代~30代の一人暮らし男性などは、
偏った食事・ダイエットなどで
鉄欠乏性貧血になる場合があります。
胃が弱って、鉄を吸収できなくなることで起こりうるのです。
鉄欠乏性貧血の場合には、
なども考えられます。

または体内での出血です。
その際は、肝臓や胃腸の病気が疑われます。
ビタミンB12や葉酸が不足しても赤血球の異常が起こり
貧血を引き起こします。

手足のしびれや舌の痛みを伴う萎縮
軽度の黄疸といった症状が出ます。

また、骨髄そのものに障害が起こり、
赤血球がうまく作られず貧血になる
ことがあります。
10代の子どもにしばしば発症します。

貧血は、
赤血球数、ヘモグロビン濃度、
ヘマトクリット値で決まります。
成人男性の場合、
赤血球1μl(パーマイクロリットル)中450万以下、
ヘモグロビン1dl中12g以下、
ヘマトクリットは35%以下の数値が出たら貧血と診断されます。

スポンサーリンク

男性の貧血で疑われる病気とは?

男性が貧血になった時疑われる病気には、
肝炎、肝硬変、肝がん、
胃・十二指腸潰瘍、
胃がん、大腸ポリープ、大腸がん
などがあります。

これら肝臓、消化器系の病気では貧血が合併症として現れます。
患部からの出血が原因と考えられます。

慢性腎不全の人には腎性貧血が見られます。

腎臓で作られる造血因子が減ることで、
赤血球も不足するために起こります。

男性には少ない病気ですが、
慢性関節リウマチでも軽~中程度の貧血になります。

原因は複合的ですが、
治療のための消炎鎮痛剤が
胃を荒すことが大きな原因
と言われています。

他にも赤血球が壊れやすくなったり、
うまく作られないといったことが考えられます。

悪性腫瘍、いわゆるガンでも貧血を起こします。
患部から出血する胃がんや大腸がん、
血液の腫瘍である多発性骨髄腫などで、
症状が顕著です。

男性の貧血を改善は食生活から!

上で書いてある様々な病気や、
慢性感染症による貧血や悪性腫瘍による貧血は、
お医者の治療でしか対処のしようがありません。

偏食やダイエットによる、
鉄欠乏性貧血
自身での予防・改善ができます。

貧血予防には吸収率の高い鉄のほか、
悪性貧血の原因となる
ビタミンB12や葉酸の不足も補うことが必要です。

これらを補うことで、
酸素を運ぶヘモグロビンの生産量が上がります。

貧血の予防にはサプリメントの前に
まず食事から改善したいところです。
鉄やヘモグロビンの材料となるたんぱく質や、
鉄の吸収を上げるビタミンCを摂取しましょう。

鉄もたんぱく質も多い食品には、
レバー、カツオなどの赤身の魚、
あさりや牛肉
などがあります。

ビタミンCを摂るなら、
緑黄色野菜やフルーツ
が良いでしょう。

ビタミンB12はレバー、
魚介類、チーズ
で摂取できます。

葉酸はホウレンソウ、アスパラガス、
ブロッコリー、納豆
などに含まれています。

レバーやホウレンソウ(緑黄色野菜)が貧血予防に非常に有効なことが分かりますね。

動物性食品と植物性食品を、
バランス良く組み合わせて食べることが大事です。

ご自身の症状やその日の食事に合わせて、
これらの中から足りないものを
サプリメントで摂るのも良いと思います。

ほかには体内で赤血球を作るためには、
ビタミンB群なども良いでしょう。

貧血予防を謳ったサプリメントには、
これからが網羅されているものもありますので、
うまくサプリメントを利用したいですね。

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , , ,

  関連記事

胸を押さえる女性
喉が苦しい感じ、圧迫感や吐き気などの症状の原因はストレス?病気は?

喉が苦しいという症状、痛みがない場合など色々ありますが、これって病気?心配になり …

妊婦
妊婦の動悸や息切れ・めまいの原因は?対処方法は?ひどい時には病院へ!

女性にとって妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期にやってくる、めまいや息切れ、つわりが辛 …

認知症
うつ病性仮性認知症の予防、改善方法!何科?検査や治療・薬は?

とても判別しにくい病気「うつ病性仮性認知症」は、お医者さんでもその診断を誤るほど …

ティッシュとマスク
鼻風邪を治す方法は?市販薬、漢方・食事やツボは?妊婦や赤ちゃんには?

風邪をひくと鼻水が出ることがありますね。 鼻水と風邪は繋がりが深いですが、 「鼻 …

スプレー
プロポリススプレーとは?使い方や効果・注意点は?

最近は大人でも インフルエンザの予防接種を 毎年欠かさず受けるという人が 増えて …

女性の疑問
子宮がん検診?生理痛や生理が遅れる・早まる・来ない場合?再検査?

子宮がん検診を受ける事は身を守る為に必要ですが、女性につきものの生理があります。 …

ハイヒール
ヒールで足裏や土踏まず・足が痛い原因・対策は?アーチとは?

足を綺麗に見せるヒール靴は、女性にとってファッションアイテムの1つではありますが …

水虫 足が痒い
水虫を治す6つの民間療法と、4つのタイプの市販薬とは?

足のトラブルは 外から見えにくいために ついつい治療を後回しにしてしまうことも …

手のひら
手のひらの水疱の原因は?子どもに多い?ひどい痒みと痒みがない場合

手のひらに突然出来た水疱。ひょっとして水虫?とどきっとした方もいるかも知れません …

耳を押さえる女性
大人の中耳炎で難聴?滲出性とは!原因や症状・対処方法は?

突然の耳の激痛、聴こえずらさこれを感じたら中耳炎かもしれません! 子供がなる耳の …