くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ミシンの下糸のぐちゃぐちゃにならない巻き方!絡む!切れる!場合は?

更新日:

ミシン

小学校の家庭科で習ったり、
これからミシンを使って色々なものを作ってみよう!
と思っているミシン初心者さん。

実は下糸はきちんとミシンを使うのに
大切な準備です!

下糸の色々なトラブルなどもありますが、
ここではミシンの下糸の巻き方などについて
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

絡まる!切れる!ぐちゃぐちゃ、ミシンの下糸の巻き方は?

下糸を巻く時には「ボビン」という物に巻き付けます。

ボビンは金属製とプラスチック製とがあり、
現在多く取り入れられている水平釜式のミシンでは
プラスチック製を使います。

これは必ず付属品として付いて来ますので、
紛失の際には取扱説明書をしっかりとチェックし、
合うものを購入しないと使えないという事があります。

 

巻き方は簡単!
ミシンには必ず下糸を巻く装置が付いています。
ボビンをセットする側と糸をセットする糸たて棒があります。

 

下糸を巻き付けている間に絡まったり、
ぐちゃぐちゃになる場合は、
”糸が出る向き”をチェックしてください。

 

下側から手前にと糸が出る様にすると、
絡まらず綺麗に糸を巻く事ができます。
こういうちょっとしたコツを知らないと
糸がグチャグチャになるので、
このポイントを抑えておいて下さい。

 

また、糸こまの向きや糸こま押さえが
しっかりセットされていないと糸が絡まって、
糸切れや故障といった事に繋がります。

 

糸こま押さえは「大・中・小」とあり、
糸こまの直径よりも大きい押さえを使いましょう!

 

正しく綺麗に巻けないと、
針折れや糸調子不良に繋がります。

入園・入学の時に必要なコップ袋・ズック袋作りの家庭用ミシンの選び方は!

雑巾の縫い方 ミシンや手縫いの方法は?バスタオルでの作り方?

ミシンの下糸の巻き方、下糸が出て来ない場合は?

ミシンは上糸と下糸とがかみ合って
しっかり縫えるもの。

いざセットしたけど下糸が出て来ない!

 

メーカーや使っているミシンの回転釜によりますが、
長年使っているものであれば上軸や下軸のネジの緩みや、
上下軸の間のベルトが外れているか切れているか。

形式などにもよりますが、
回転釜の位置を合わせネジを締めるだけで
復帰するといったこともあります。

 

他によくあるのがボビンのセット方法です。
糸の出る方向は、
糸を引き出した際にボビンが反時計回りに回る様に
セットするのが基本です。

取扱説明書などをよく参照してください。

スポンサーリンク

ミシンの下糸の巻き方、ボビンケースは?

ボビンにはボビンケースが必要なものもあります。
これはミシンにボビンを入れる「釜」部分に寄ります。

近年の家庭用ミシンの場合は必要ない物が多いですが、
工業用ミシンや一部の家庭用ミシンにはあり、
糸がらみが少ないのも特徴です。

 

釜には
・垂直半回転釜式
・垂直全回転式
・水平釜式

とあり、半回転・全回転式に使用します。
それぞれ異なる形状ですのでミシンに
付属しているものを使用するか、
メーカー推奨のものを使う事が重要です。

 

ボビンケースを使用する場合は、
巻き方向が時計回りになる様にボビンを入れて、
糸の端を持って切り溝より糸調子ばねの下を通し、
窓から糸を出してボビンが時計回りになっているか
確認しましょう。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.