くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

スキー初心者の滑り方の練習方法?子どもに教える場合は?

更新日:

スキー初心者の練習
続々と今季のゲレンデがオープンしているようです。
ついに、ウィンタースポーツの季節の到来ですね。
行ってみたい、挑戦してみたいけど、道具もたくさんあるし、
ゲレンデに行くだけでも初心者にはハードルが高いもの。
出掛ける前に、または初心者と一緒に出掛ける前に、
少しコツを調べていくと滑るイメージもしやすいですよね。

スポンサーリンク

スキーデビューの子供に滑り方を教えるには?

いよいよスキーシーズンを迎えましたね。
家族でスキーがしたい!」と夢見てきた人もいるかもしれません。
家族で!、となれば子供に教えなくてはなりません。
初めてのスキーで嫌いにならいように教えてあげたいものです。

子供は転ぶことを怖いと覚えてしまうと、
滑ることを怖がってしまいます。
ですから、「滑れる!」という体験を積み重ねて滑れることを
「楽しい!」と思わせましょう。

そのために、転んでも足が絡まないようにスキーは短めの物を選び、
超初心者のうちは、超緩斜面で滑るのがお勧めです。

ごく緩い斜面だと転ばないでゆっくり滑っって行きます。
滑れると楽しいという体験ができるというわけです。
少し手や体を動かしたりすると曲がることが分かるので自然とカーブも身につくのです。

とはいえ、転んだときの起き上がり方と
スキーが外れたときの履く練習はしておきましょう。

ちなみにスキー初心者におすすめのゲレンデは?という記事もありますので、
近くに初心者用のスキー場がないかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スキー初心者 どんな練習方法がいいの? 片足スキーとは

ゲレンデとスキー道具に慣れたら、
滑るための練習を始めましょう。

子供と同じで「滑れる」から「楽しいん」です。
滑れるようになる練習法としては、
片足スキー」が有効な方法です。

片足スキーとは、その名のとおり片足だけにスキーを履いて滑ることです。

その際はスキーを履いている足に体重を掛け、
もう片方の足で地面を蹴って進みます。

まず先に利き足にスキーを履いて平地を滑ります。
慣れたらもう一方の足に履いて滑ります。
最後に両足に履いて練習します。

以前は「転ぶ練習をする」という流れもありましたが、
昨今は転倒は時間と体力を消耗させるので避ける傾向のようです。
片足スキーから練習することでまず平地への移動がかなり容易になります。
平地で慣れたら緩やかな斜面で同様に直滑降に挑戦しましょう。
少々もどかしく感じるかもしれませんが、
片足スキーから繰り返し練習することが上達へのコツです。

どうしたらコブを滑れるようになる?

整地でうまく滑れるようなったら
「コブ」に挑戦したくなる人もいるのではないでしょうか?

初心者がコブを滑ろうとするならば、
コブ斜面の脇にある低めコブから試しましょう。
緩い斜度部分にできるコブを使います。

できそうな浅いコブを選んで挑戦します。
できる範囲で滑ってみることでまず慣れましょう。

半分逃げながら、半分挑戦していくようなイメージです
プロースキーヤーによる解説DVDや上級者による動画なども多く出ています。
動画で繰り返し観ることでゲレンデ以外でイメージトレーニングができ、
上達につながります。

また、動画を送ってインストラクターからアドバイスを受けられる
メールレッスンというのもあるようです。
ゲレンデに頻繁にいけない人でも滑りに行った時のイメージが
しやくなりそうですね。

スポンサーリンク

-レジャー
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.