くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

秋に流行する子供や高齢者の病気は?

更新日:

小児科(赤ちゃんや子供と看護師、医者)のイラスト

秋に流行しやすい病気

実は、秋口の季節に流行りやすい病気があります。

子供に多く見られます、食中毒です。

秋が深まり冬との間あたりに
ノロウィルスにかかったという人も多くいます。

行事が多いとされているこの秋の季節は、
食べ物による病気が多発しやすいんです。

外で調理する際には気をつけなければなりません。 気温の変化も激しくなりますので、気管支喘息などにも注意が必要です。

乾燥するということもあって、
気管支喘息で病院に運ばれたりする患者さんが急増します。

重度の喘息を持っている方は、
常に注意していただきたいですね。
肺も弱まりますので、
免疫力の低下に関しても気をつけなければなりませんよ。

咳と肺の低下は、肺炎まで引き起こす可能性がありますよね。

死亡者も多くなる季節は、どの年代においても油断は禁物なんです。
なので、家族が多いご家庭は気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

子供や赤ちゃんに多い秋の病気

秋に子どもや赤ちゃんに特に流行する病気はインフルエンザです。
赤ちゃんや子供は、しっかりと事前に予防接種をしっかり打ちましょう。

インフルエンザのワクチンの効果が発揮するのは
2週ほど経ってからなので、
流行してからでは意味がないので早めに摂取することをおすすめします。

高齢者の方も、今では優遇される時代ですので、
予防接種を打っていて損はしないかと思います。

わたしも毎年打ってはいるのですが、
効果が出る前にインフルエンザにかかってしまった年もありました。

しかも感染力の強いものになるので、
家族や職場全員で予防していくべきものでもありますよ。

ウイルス性なので滞在期間も長くなってるので、
早めの対処をおねがいいたします。

今年も私の職場は全員がワクチン接種を受けなければならないので
早めに行こうと思います。

スポンサーリンク

高齢者に多い秋の病気

春や夏に比べて、空気が澄んでいるため肌や目にあたる紫外線が多くなります。 それによって高齢者の方々に多く見られ発症しがちなのが白内障です。 紅葉狩りなどに行く方も、しっかりUVカットのサングラスをつけて、準備をしてから楽しい外出や、旅行をお楽しみくださいね。 ものがかすんで見えたり、雲がかって見えたことがある方は、一度眼科に行ってみてくださいね。 早期発見は治療も楽ですから、病院へ行っても損はしないはずです。

白内障であれば手術も可能ですし、心当たりのある方は眼科を受診して適切な検査や治療をしっかりとしてもらってください。

白内障は45歳以上になると発症しやすいとも言われていますので、注意してください。

目の障害は一番怖いですからね。

些細なことに気づいたらすぐに検診を受けることを覚えておいてください。

 

高齢者にしても赤ちゃんや子供にしても免疫が弱いので、よく似た病気にかかってしまうことがあります。

ノロウィルスや、

ロタウィルス、

RSウィルス、

インフルエンザなど秋から冬にかけて流行る病気に注意しましょう。

そのためには栄養と睡眠が大切で規則正しい生活を送るようにして下さい。

スポンサーリンク

-健康・医療
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.