くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

カレーの栄養やカロリーや粉の成分は?一皿では?うどんやパンでは?

カレーライス

子供の好きな食べ物ランキングでは、ナンバーワンを誇るのはカレーライスだそうです。

今も昔も食欲をそそる香ばしい匂いと、ピリッと辛いカレーライス。
近頃では、そのカレーを使ったカレーうどん、カレーそば、カレーパンなども大人気です。

そのカレーの実際の栄養はどうなんでしょうか?カレーの栄養についてご紹介します。

スポンサーリンク

カレーにはどんな材料がはいっているの?カレー粉の成分は?

●自宅にあった一般的なカレーライスの材料は、4皿分として、
肉150g、
玉ねぎ中1個(200g)、
にんじん中1/2個(100g)、
じゃがいも中1個(150g)
サラダ油かバター大さじ1杯、
カレールー70g、
水600mlとなっています。

カレールーの原材料は、食用油(パーム油、なたね油)、小麦粉、砂糖、でん粉、食塩、カレー粉、チキンエキス、ポークパウダー、香辛料、野菜ペースト(豚脂、玉ねぎ、にんじん、トマト、南瓜、ほうれん草、ブロッコリー、バナナ果汁、リンゴ果汁)ガーリックペースト、チャツネ、酵母エキス、調味料、香料が明示されていました。

●カレー粉の主な栄養素(100g当り) 文部科学省食品成分データベースより

カロリー415g
たんぱく質13.0kcal
脂質12.2g
炭水化物63.3g
ナトリウム40mg
カリウム1700mg
カルシウム540mg
マグネシウム220mg
鉄28.5mg
βカロチン380μg
ビタミンB1 0.41mg
ビタミンB2 0.25mg
葉酸60μg
ビタミンC2g
植物繊維36.9g

スポンサーリンク

カレー一皿の栄養価は?カレーに不足している栄養素は?

カレーの主な栄養素
(1皿=カレールウ20g 豚肉40g 玉ねぎ50g、人参25g じゃがいも40g ご飯200g当り)

カロリー628kcal
たんぱく質18g
脂質17g
炭水化物97g
ナトリウム870mg
カリウム530mg
カルシウム43g
マグネシウム46mg
鉄1.3mg
βカロチン1800μg
葉酸27μg
ビタミンC10mg
植物繊維3.6g

カレーの具材は肉、野菜が入っているので、栄養バランスが良いと思っていましたが、意外と栄養が偏っているようです。

一食当たりの必要栄養量と比較すると、三大栄養素のうち脂質と炭水化物は多めですが、たんぱく質は少なめです。

塩分はかなり高めで、カリウム、βカロチンは程良く、カルシウム、鉄、ビタミンCは不足がちです。

全体的にみると野菜が少なく脂が多いので、足りない栄養はピーマンやキャベツ、ブロッコリー、小松菜、チンゲン菜などの野菜サラダを摂ることで栄養バランスを調整することをお薦めします。

カレーライスの場合は、ご飯も多めになることが多いので、ご飯の量にも注意しましょう。
風邪のひき始めに、カレーを食べると良いという話をよく聞きます。
風邪の多くの原因はウイルスで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状があります。
カレーで風邪の原因のウイルスは退治できませんが、栄養補給には効果が期待されています。
カレーのスパイスの中に含まれている栄養素やカレーのβカロテンが体内の活性酸素を除去し、免疫力を高め、体を温めたりすることで症状を緩和すると言われています。

カレーうどんやカレーパンにも栄養はあるの?

うどんとご飯の栄養素は同じようなものですが、カロリーなどは水分量が多い分、うどんの方が量を食べることができます。

カレーうどんにすると、カレーの栄養が加えられ高カロリーと思いがちですが、カレー自体は汁でのびているので、実際のルウは少なく極端に栄養価が増加する訳ではないと言われています。

カレーパンは、大きさの割にはたんぱく質、脂質、炭水化物が豊富ですが、塩分はちょっと多めです。

一食で1個ぐらいであれば、野菜と一緒に食べることで、ダイエットには良いでしょう。
しかし、小さくても1個当りカロリーが約360kcalあり、ルウもそのまま入っているので、何個も食べると逆に太ってしまいますので、気をつけた方が良いと思います。

ジャガイモの種類や特徴・用途による違いは?サラダやカレーには?

ローリエの生や乾燥の葉の使い方は?どんな料理に使う?効果?代用は?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

いちじく
いちじくの食べ方!生で?皮ごと?皮の剥き方!甘露煮、ワイン煮も!

8月上旬~10月下旬が旬のいちじく。 傷みやすく、流通量もさほど多い果物ではない …

エリンギ
エリンギの栄養!美容やダイエットには?妊婦や子どもにも良い効果が!

ダイエットのためのレシピで必ず「かさ増し」食材として登場するのがきのこです。 い …

生姜
生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。飲むとポカポカとしてきてホッとし …

らっきょう
らっきょうの効果!食べ過ぎでおならが出るのはなぜ?腹痛や下痢に注意

美味しくてついつい食べすぎてしまうらっきょうですが、食べすぎてお腹が痛くなったこ …

銀杏
殻付き銀杏の電子レンジや封筒を使った食べ方は?実はフライパンのほうが美味しい?

わりとクセのある銀杏は、あまり私たちの口へとなかなか運ばれないですが、料理の引き …

マンゴー
マンゴーの食べ過ぎは太る?栄養やカロリーは?アレルギーや下痢に?

甘くてジューシーなマンゴー!ついつい好きだとたくさん食べたくなりますよね! ただ …

リンゴ
りんごのアレルギーの症状は?口腔アレルギーになる食材?離乳食は?

食物アレルギーというと思いつく食材はなんですか?以外と知られていないものの1つに …

ティータイム
紅茶の効果!ダイエットや冷え性にはしょうが紅茶!飲み過ぎの量は?

何かと健康といえば緑茶などがあげられますが、 「紅茶」にももちろん身体に良い作用 …

グラノーラ
ミューズリー、グラノーラ、オートミールの違い!効果で選ぶなら?

簡単に食べられてヘルシーな朝食として シリアルを利用する人は多いでしょう。 最近 …

じゃがいも
じゃがいもが赤やピンク、緑色に変色!防ぐ方法や保存・対処方法は?

切って残ってしまったじゃがいもが変色してしまった事はありませんか? じゃがいもは …