くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

きくらげの戻し方と注意点!水・お湯・熱湯や電子レンジでは?

きくらげナムル

中華風の炒め物やスープに入れるとおいしい
「キクラゲ」多くは乾燥して売られていますが、
戻し方ってご存知ですか?

時間や乾燥方法案外と知らない事が多い食材、
今回はキクラゲの戻し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

キクラゲの戻し方、注意点とは?

乾物を水で戻す際にはどれくらいで戻るのか?
食材によっても違いがあるので
一律ではありませんが、

食感が大切なキクラゲはどれくらいで
戻した方がよいのか知っておくとよいでしょう。

キクラゲは水に浸け過ぎてしまうと水分を吸い
柔らかくなりすぎてしまい、
持ち味でもある食感が失われてしまいます。

適度な漬け込み時間ですが、
一般的には『6時間程度』が最適な時間で、
半日も漬けていると柔らかくなり過ぎてしまいます。

また、戻した後も水分を切っておかないと
キクラゲを入れている容器の底に溜まった水分で
食感のムラになるので使うまでに少し時間がある場合は、
ザルなどに開けておきましょう。

スポンサーリンク

乾燥きくらげの戻し方、お湯や熱湯?

乾燥きくらげの戻し方には様々ありますが、
きくらげ生産者さんが勧める方法は「水」

きくらげがかぶるほどの水で6時間、
じっくりと戻した方が栄養素やうまみを
一気に逃す事が無い理想の方法であるとしています。

 

お湯や熱湯で戻す方法もありますが、
どちらかといえばまだお湯の方が好ましく、
湯等にひたすことで細胞壁が開きやすくなるため
栄養素などが一気に逃げてしまう事になります。

どうしても短時間で戻したい場合には、
30℃くらいのぬるま湯に砂糖を少々入れて、
15~30分程度でふっくらと戻す事ができます。

キクラゲの戻し方、レンジで速く!

今直ぐ使いたい!戻している時間ももどかしい・・・
といった場合にはレンジ使いもあります。

ただ、あまりレンジで加熱しすぎると
味が落ちてしまうので時間に気をつけてください。

レンジ内で水が沸くので少し深めの耐熱容器に
きくらげを使う分とかぶるくらいの水を注ぎます。

フタなどはせずに1分ほど加熱
きくらげの厚さや大きさであったり、

電子レンジの性能によっても異なりますが、
目処は1分とし戻っていない様であれば
10秒ずつ様子を見て戻ったら水気を切って使用します。

加熱直後は大変熱くなっているので
火傷にはくれぐれもご注意を。

ちなみに、今では生キクラゲも手に入りますが、
食べ方としては軽く洗って耐熱皿にのせて
軽くラップをしてレンジで1分加熱で
好みの料理に使う事ができます。

炒め物やスープのイメージの強いキクラゲですが、
好みにカットして酢の物や和え物、
サラダのトッピングなどにしても美味しいですよ!

疲労回復や水溶性食物繊維を含んだり、
風邪予防にもおすすめのキクラゲ、
ぜひ手軽に食卓に出してみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

こんにゃく
こんにゃくの栄養やカロリーと効能?グルコマンナンとは?妊婦には?

海草とならび、低カロリーな食材として知られているこんにゃく。 さて、このこんにゃ …

しじみ
しじみの栄養やカロリー・効果!子どもや妊婦には?冷凍では変わる?

貝類の中でもなじみのある美味しいしじみ。 比較的手に入りやすく食卓のメニューに加 …

オイルサーディン
オイルサーディンの美味しい食べ方!料理レシピは?缶そのまま?

いわしの美味しさをぎゅっと凝縮した 「オイルサーディン」 いわしを油漬けしたもの …

味噌
味噌の種類、栄養の含有量、特徴や塩分濃度の違い、熟成期間や選び方!

古くから日本の食卓にあった「味噌」 種類ってどれくらいあるかご存知ですか? 地域 …

緑茶
緑茶の効果!風邪や認知症にいい!脂肪・血糖値・ダイエットは?

日本を代表するお茶である「緑茶」 日頃あまり飲まないという方は、 改めて注目して …

ニンジン
にんじんのカロリーや栄養・効果は?葉には?妊婦に良い?悪い?

ニンジンは緑黄色野菜の中でも栄養価が非常に高く「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれてい …

油
えごま油の効能や摂取量は?妊婦やうつ病・認知症にも嬉しい効果!

最近なにかと身体によい植物油が注目されていますが、 その中に「えごま油」がありま …

ピクルス
初心者も簡単!キュウリ・キャベツ・大根のピクルスの作り方!保存期間?

一瓶あるとなかなか便利なピクルス。 そのまま食べても美味しいですね。 マヨネーズ …

ゆでたまご
ゆで卵の殻の綺麗な剥き方!タッパーやコップを使う!息を吹きかける!

お弁当に、サラダに、煮卵、おでん・・・、と いつも大活躍のゆで卵。 毎日のように …

棗
なつめの栄養やカロリーは?妊婦さんに嬉しい効能!副作用は?

なつめは私たちが普段あまり口にすることはなかなかないのですが、ドライフルーツとし …