ワードプレスとは?初心者でも扱いやすい?良い点悪い点を教えて?

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

インターネット検索などをしていると、とても素敵なサイトやデザインを見かけることがあります。
そして、自分もこのようなサイトや、ブログを作ってみたいと思う人も多いでしょう。
でも、Webサイトやブログを始めたいと思う初心者がまず悩むのは、何から始めたらよいのかということでしょうね。
そのような初心者の方におすすめなのが、「ワードプレス(WordPress)というソフトウエアです。
ワードプレスとはどういうものか、良い点・悪い点、使い方についてご紹介しますので、ぜひWebサイトやブログ作りにチャレンジしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ワードプレスとは?初心者でも扱えるの?

ワードプレスとは、Webサイトやブログの作成をするためのソフトウエアで、初心者の方やプログラミングの知識が無くても、簡単にWebサイト作成ができます。
また、世界のWebサイトの40%以上がワードプレスを使用しているので、よく見るお気に入りのサイトもワードプレスで作られている可能性も大きいですよ。
そして、ワードプレスはWebサイトを作るためのデザイン、レイアウト、画像、テキストなどを一元的に保存管理できるシステム(CMS)が充実しています。
そのため、プログラミング言語を使用して、1ページずつホームページを作成するのではなく、テンプレートや画像のデータを活用及び管理を行い、お好みのデザインのWebサイトを自動的に作成できるのです。
初心者にとって、始めてから短時間でサイトを公開できるワードプレスは、無料で配布されていることもあり、世界中で人気があるソフトウエアなのです。

ワードプレスの良い点

ワードプレスにも良い点だけではなく、悪い点もあるので、参考にしてくださいね。
・無料・・・インストールが無料。カスタマイズしても無料なので、始めは練習のために使用して、慣れたら本格的にサイト作りができます。
・初心者でもサイト作りができる・・・視覚的な操作作業が中心なので、初心者でも簡単にサイトを作れます。
・人気サイトと同様のサイトが作れる・・・多くの人気テンプレートを使用できるので、内容はともかく同じようなデザインのサイトを作れます。
・プラグインが豊富・・・多彩な機能を使用できます。コンテンツの管理機能も優れています。
・情報が豊富・・・世界中で使用されているので、使い方やカスタム方法、問題解決などの情報がインターネット上に豊富にあります。
・アフィリエイトに適している・・・検索エンジンで上位表示されるためのSEOに有利な構造なので、アフィリエイトに適しています。

スポンサーリンク

ワードプレスの悪い点

・ワードプレス以外に費用がかかる・・・ワードプレス自体は無料ですが、サイトを表示するための「ドメイン」取得やサーバー設定が有料になります。
・表示速度が遅い・・・プログラミング言語で作成したサイトと比較すると、表示速度が遅いと言われますが、気にならない人がいるほどの違いです。
・セキュリティが心配・・・世界一使用されているため、他のCMSよりはハッカーに狙われやすいということです。セキュリティ自体は、他のCMSとほとんど変わりません。
・公式サポートがない・・・問い合わせ先はありませんが、サポートフォーラムやインターネットで検索すると、解決策が多く載っています。
・同じようなデザイン・・・テンプレートで作成すると、似たようなサイトになってしまうので、まったくのオリジナルを作るには、プログラミング言語の知識があった方が良いです。
・エラーに注意・・・バージョンアップが多いので、古いまま使用していると互換性エラーが起こることがある。常に最新のバージョンアップに保つ必要があります。

ワードプレスの使い方は?

基本的なワードプレスの使い方で、サイト公開までの流れをご紹介します。
①ドメインを取得して、サーバー契約をする・・・インターネットに公開するには、「サーバー(データの入れ物)」と「ドメイン(名前)」の契約が必要です。ワードプレスで作ったデータなどをサーバーに保管して、ドメインによってサーバーから自分のデータを引き出してワードプレスで作ったサイト上に公開するというイメージです。
②ワードプレスをインストールする・・・契約したサーバー上にワードプレスをインストールします。サーバーの中には、自動でインストールできるものもあります。またインストール後の設定は、各サーバーによって異なります。ワードプレスのログインに必要なパスワードなども設定します。ここまでで、大体1時間かかると思います。
③ワードプレスにログイン・・・ワードプレスをインストールしたURLにログインします。
④管理画面で初期設定する・・・ログインすると、管理画面が表示されます。デフォルトの設定情報を確認して、自分が作ろうとするWebサイトに合わせた設定に変更します。情報設定は、管理画面の左側にあるサイドメニューから選びます。
⑤タイトルとキャッチフレーズ・・・自分の作成するWebサイトのタイトルとキャッチフレーズを設定します。わかりやすいタイトルと、サイト内容を簡単に説明したキャッチフレーズにします。
⑥サイト作成中は非表示で行う・・・作成途中の場合、サイトの公開はしないで、下書きの状態で行いましょう。
⑦サイトのテーマを選択・・・無料・有料のテンプレートからお好みのものを選んで、サイトの画面デザインを決めましょう。後でもデザインを変更できるので、色々なテンプレートで試してみましょう。
⑧プラグイン追加・・・機能追加やカスタマイズするためのプラグインを追加します。特に気に入ったものがなければ、最初のうちは追加しなくてもかまいません。
⑨記事を書く・・・ダッシュボードから投稿を選び、記事を書きます。書いた内容はプレビューで表示できるので、どのように見えるか確認してください。記事を完成するまでは、「下書き」を選択して保存したほうが良いでしょう。
⑩サイト公開・・・サイトの各デザインや記事の投稿内容を確認して、サイト作成を完成させます。
完成したら「公開」ボタンを押しましょう。
⑪記事を追加して更新・・・公開後は、新たな記事を書いて随時追加して、公開・更新を行っていきましょう。

スポンサーリンク