auひかり乗り換え前に知っておきたい情報?nuro光比較すると?

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

現在使用しているインターネット回線のスピードや料金に不満がある方、auスマホユーザーになったのでauひかりに乗り換えたいと思っている方に、前もってauひかりの料金、速度、評判などの情報を、わかりやすくご紹介します。
また、光回線で通信速度が速くて安いと言われるNURO光比較した結果についても、報告しますので乗り換え検討の参考にしてください。

WEB限定キャンペーン実施中【auひかり】
auひかり by KDDI

auひかりの料金、速度はどのくらい?

主に戸建てと集合住宅タイプがあります。
○一戸建て(1ヶ月分・税込み)・・・ずっとギガ得プラン
・基本料金5,610円(1年目5,610円、2年目5,500円、3年目以降5,390円)+電話サービス利用する550円、+テレビサービス利用550円、+最大24か月セキュリティサービス無料、1年目合計6,710円:速度最大1ギガ(理論数値)
他会社の光回線(同じ1ギガ)との平均通信速度を比較すると、圧倒的に速い速度がでています。
例えばNTTのフレッツ光と比較すると、ダウンロード速度はフレッツ249メガ、au376メガ、アップロード速度はフレッツ187メガ、au272メガとの違いがあります。
○集合住宅(1ヶ月分・税込み)・・・マンション(タイプV16)
・基本料金4,180円、+電話サービス利用550円、+テレビサービス利用する550円、+最大24か月セキュリティサービス無料、合計5,280円:速度最大下り100メガ、上り100メガ(理論数値)
マンションの建物共有部分まで光ファイバーが引き込まれている場合、タイプgという方式(G.fast規格)であれば、通信速度が下り664メガ、上り166メガ(理論数値)になります。タイプgに対応しているプロバイダは、@niftyを含んで4社であり、マンションも
月額使用料(税込)が16契約以上4,510円、8契約以上4,180円になります。
タイプgが提供できるエリアは少ないので、公式HPで確認してくださいね。
公式HP:https://www.au.com/internet/mansion/typeG/
タイプg評判には、理論数値まではでないが、今までの数倍程度は出るようになったという口コミが多いようです。
当たり前ですが、速度が上がらないと、タイプgにする理由がないですよね。

スポンサーリンク

プロバイダは?

auひかりのプロバイダ一です。自分の使い方に合わせたお好みのプロバイダを選びましょう。
詳細は、公式HP:https://www.au.com/internet/auhikari_1g/other_provider/?bid=in-in-auhk1g-0008 を参照してくださいね。金額は(税込)です。
・@nifty・・・タイプg対応、無料アドレス1個、メールBOX 5GBまで無料、HP容量4GB660円/月(1アドレスごと)
・@Tcom・・・タイプg未対応、無料アドレス1個、メールBOX 無制限、HP容量20MBまで無料
(初期費用: 550円、最大50MBまで、増量可能・550円/月・5MBごと)
・AsahiNet・・・タイプg未対応、6アドレス(2アドレス目より初期費用220円)、メールBOX 無制限、HP容量100MBまで無料(超過後5MBごとに198円/月)
・au one net・・・タイプg対応、無料アドレス5個、メールBOX 5GBまで無料
・biglobe・・・タイプg対応、5アドレス(「家族会員サービス」にて追加ID含めて)、メールBOX 5GBまで無料、HP容量100MBまで無料(最大3GBまで追加可能)
・DTI・・・タイプg未対応、無料アドレス1個、メールBOX 5GBまで無料、HP容量最大100MBまで無料
・so-net・・・タイプg対応、最大4アドレス(「ファミリーパック」にて追加ID含めて)、メールBOX 無制限、HP容量10MBまで無料(最大50MBまで追加可能)

WEB限定キャンペーン実施中【auひかり】
auひかり by KDDI

乗り換えするには?申し込みから開始までの流れを教えて?

インターネットから直接auひかりへの申し込みができますが、電話相談とおまかせアドバイザーによる訪問相談もできます。
他の会社のインターネット回線から乗り換える場合は、新規申し込みの扱いになります。
(開通までの流れ)マンションの場合は所有者の承諾が必要です。
・申し込み(申請者)・・・事前に申込者がauひかりの提供エリアを確認します。また利用するプロバイダも決めておきましょう。

・申し込み受付(KDDI)・・・事前調査(立会なし)を行う場合があります。申込後1週間から10日程度で必要書類が送付されます。

工事日決定(申請者)・・・工事予約可能になったらSMSが送られるので、Myauにログインして工事日の予約をします。土日祝日を予約の場合は、別途3,300円(税込)がかかるので、注意してください。

書類等のお届け(KDDI)・・・工事日前に「ご利用開始の案内」と「宅内機器」が届けられます。

光回線工事(KDDI)・・・最寄りの電柱から自宅へ光ファイバーの引込工事を行います。宅内へ入るので、申請者の立ち合いが必要です。

機器の設定(申請者)・・・工事完了後、機器を接続し、申請者自身が説明書を基に設定を行います。説明内容は難しい内容ではないので、安心してください。

使用開始・・・通常申込から1~2か月でauひかりを利用することができます。

auひかりの乗り換えのキャッシュバックは?

乗り換えキャンペーンの中にはキャッシュバックがあるので、自分がどれに該当するのか確認して、しっかり申請しましょうね。
詳細については、公式HP:https://www.au.com/internet/campaign/pikatoku-home/ を参照してください。
主なキャッシュバック(税込み)をご紹介します。
・auひかりネット料金割引・・・auひかり「ずっとギガ得プラン」(au one net)に新規申し込みを行う方で、auひかり「ネット+電話」をAUW Wi-Fiルーターが設定されているauスマートバリューグループに追加登録が適用条件です。
条件を満たすとauひかり課金開始翌月から月額利用料を最大55,968円(毎月2,332円×最大24か月)の割引。
また、auひかりとauスマホ1回線以上をセットでauスマートバリューに申し込むと最大10,000円(チャージ)が還元になります。
・他社から乗り換え時の解約違約金相当額をキャッシュバック・・・他社からの乗り換えで、auひかり「ずっとギガ得プラン+電話」に新規申し込みで、36ヶ月以上利用。
au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-netは、最大30,000円(チャージ)
Asahi Net、DTIは、最大15,000円(チャージ)
・初期費用相当額を月額利用料から割引・・・ずっとギガ得プラン(3年契約)をau one netで申し込んだ場合・・・最大割引額41,250円。

auひかり by KDDI

auひかり解約するには?解約金は

解約はプロバイダがau one netの場合と、それ以外の場合で異なります。
・au one netの場合・・・KDDIお客さまセンター 電話:0077-7068
・au one net以外の場合・・・それぞれの提携ブロバイダーの連絡先になります。
詳細は公式HP:https://www.au.com/support/inquiry/provider_list/ を参照してください。
・ASAHIネット、DTI、So-netについては、WEBから解約手続きが行えます。
3年単位の自動更新の場合、契約満了月の当月、翌月、翌々月に解約すると解約金(契約解除料)はかかりません。それ以外では、16,500円(税込)かかります。

auひかりとnuro光と比較すると?

対応エリアがauひかりとインターネット回線で一番人気と言われるnuro光が重複している場合、どちらを選んだらよいのか迷う方もいるとおもいます。
そのような方にauひかりとnuro光を比較してみましたので、選ぶときの参考にしてくださいね。
・対応エリア・・・対応エリアはauひかり36都道府県とnuro光21都道府県と現在は差がありますが、今後nuro光の方も増えていくと思います。
・月額使用料(税込)・・・基本とする月額使用料は、一戸建てauひかり1年目5,610円、2年目5,500円、3年目以降5,390円、nuro光は5,217円なので、nuro光のほうが安いですね。
マンションだとauひかり(タイプV16)4,180円、nuro光は2,090円~2,750円と開きがあります。
・通信速度・・・最大通信速度はauひかり1ギガ、nuro光2ギガと倍の開きがあります。
平均速度を比較すると、ダウンロード速度はau376メガ、nuro479メガ、アップロード速度はau272メガ、nuro413メガと数値的には、nuro光の方が圧倒的に速いです。
しかし、動画やゲームなどの体感速度では、数値程の差は感じられず、双方ともにサクサク動きます。
・提携プロバイダ・・・auひかりの7社に比べて、nuro光はSo-net1社です。
これらの結果から、自分がどの項目を重視するかによって、お好みの方を選ぶことをおすすめします。

WEB限定キャンペーン実施中【auひかり】
auひかり by KDDI

スポンサーリンク