目の下のしわができる原因!改善方法は?クリームやワセリン?

美容

女性が自分の顔で気になるものと言えば、目の下のシワと答える人がかなりの割合でいるようです。目の下のシワがあることで、実際の年齢より老けて見られることは大ショックだし、なんとなく疲れているような印象を相手に持たれるのはいやですよね。
でも、目の下にシワができるのには原因があるので、その状態を改善することで現在よりも若々しい自分を取り戻すことができます。
目の下のシワの原因と、日頃からできるおすすめの改善方法をご紹介します。

スポンサーリンク

目の下にシワができる原因は?

目の下は体の中でも特に皮膚が薄い部分なので、日頃のケア不足や体調の変化などによりシワが発生しやすくなります。その発生の原因には次のものがあります。
・皮膚の乾燥・・・目元まわりは皮膚が薄いので保湿作用が低く、乾燥しやすい部分です。乾燥することで皮膚の潤いやハリが薄れ、シワになりやすい状態になります。
・目元への刺激・・・メイクやクレンジングで強く擦ることや、かゆみで思わず目を擦るなどの刺激により炎症を起こしてしまうことがあります。これも目元のハリや潤いが失ってしまう原因の一つです。
・皮膚炎やアレルギー・・・アトピー皮膚炎などのアレルギーの人は、皮膚のバリア機能が低下するので肌荒れることや乾燥しやすくなってしまいます。
・眼精疲労・・・仕事や趣味、遊びなどで長時間スマホやパソコンを使っていると、眼精疲労が起きてしまいます。眼精疲労により顔の筋肉の緊張や、眼球や涙袋など目の周りも血行不良になり、肌の代謝が低下しシワの原因になってしまいます。
・皮膚の老化・・・年齢を重ねることで老化が進み、目の周りの皮膚の弾力が衰え、涙袋のたるみやシワを引き起こします。老化はある程度仕方がないことですが、ケアを怠ることで老化の個人差が顕著になる場合があります。
・目の周りの筋力低下・・・加齢や生活環境の乱れなどで、目の周りの筋肉が緊張して血流が悪化してしまいます。

マッサージでシワ改善する方法は?

目元のマッサージにより、目の下の血行を良くする方法です。ただし、強い力で刺激を与えないように、優しく行うことがポイントです。回数は制限しませんが、疲労を感じるようなマッサージは行わず、短時間でも良いです。気持ちの良い状態のときに終わらせましょう。
・瞼を人差し指と中指で挟むように、目頭から目尻の方へ優しく滑らせます。
・目尻を上下に挟むように人差し指と中指をあて、シワを伸ばすように上下に引っ張ります。
・目の下に人差し指の腹をあて、目じり方向へ引っ張ります。
・目の下を2本の指で、目の上をもう片方の手の2本の指で軽く挟むようにします。そして筋肉を意識するように、目の下を持ち上げるように目を細めます。
・人差し指の第二関節をシワの部分に軽くあて、ゆっくり目の開閉を繰り返します。

スポンサーリンク

シワ改善ができるクリームは?

目の下は他の皮膚とは違い、デリケートな部分なので、伸びが良く刺激が少ない、目元専用のアイクリームを使いましょう。
シワに効果がある成分(レチノール・ナイアシン・ビタミンE誘導体など)が含まれているものからピックアップした商品を選びました。
・なめらか本舗リンクルアイクリーム(ノエビア)・・・ピュアレチノール、ビタミンE誘導体、豆乳発酵液が配合され、肌に潤いと弾力性を与えます。アイクリームの中ではお手頃価格で、Amazonアイクリーム売り上げ1位の商品です。Amazon価格20g1,045円。
・エンリッチド リンクルクリーム(資生堂)・・・目元のシワ改善に効果があると言われるレチノールが配合されているアイクリームです。お化粧直しのときや化粧下地の後に、片方の目につき米粒1個分を指先に取り、片方ずつ目元に塗って馴染ませます。Amazon価格22g6,480円。
・ザ リンクレス(ワンバイコーセー)・・・レチノールよりも刺激性が少ないリンクルナイアシンが配合されています。シワに塗り込むようにして、しっとり感を持続する薬用シワ改善クリームです。Amazon価格20g4,980円。

ニベアやワセリンは保湿効果があるの?

・ニベアやワセリン・・・これらのクリームは保湿成分を含んでいませんが、肌に塗ると薄い油膜ができるので、水分が蒸発することを防ぐという保湿する効果があります。一般的に保湿成分を含んだアイクリームよりも安価であり、保湿効果があるということで、多くの人に人気のあるクリームです。どちらかというと、アイクリームなどの保湿効果をさらに補う商品とも言えます。ニベアクリーム(ニベア)Amazon価格169g436円。ワセリン(大洋製薬)Amazon価格100g360円。

シワ改善、コンシーラーはどのように使う?

ファンデーションは基本的に顔一面に塗りますが、シワもきっちり隠せるものではなく、かえってシワを目立たせてしまうことがあります。
そのようにファンデーションでも隠し切れない部分を、きれいに隠すものがコンシーラーです。
ただし、コンシーラーは塗りすぎると、逆にその場所が目立つことや、凸凹によれてしまうことがあります。そうなると、塗った意味がまったく無くなってしまいます。
シワを目立たなせないコンシーラーの使い方は、次の方法があります。
①メイクをする前に、目元周りに保湿クリームを指に軽く乗るくらいの少量を塗ります
②目の下にファンデーションを塗らないようにします。目の下は、コンシーラーでカバーします。
③コンシーラーの塗り方は、目の下の内側、くすんで見える部分、目尻の3か所に、べったりならないように気を付けてドット塗りします。厚塗りすると崩れ、ヨレ、乾燥することがあるので注意してくださいね。
④塗ったところをブラシで、軽くタッピングしながら馴染ませていきます。擦り塗りすることは、摩擦でシワが寄ることや皮膚に刺激を与えてしまうので避けましょう。特にシワの部分はタッピングして伸ばします。色が足りないときは、薄く重ねて馴染ませるようにしてくださいね。

スポンサーリンク