切手買取!売りたいときは?買取の流れ!どんなのが高い?相場は?

子供の頃に、切手ブームなどで記念切手を集めた経験のある人は多いと思います。
そして、そのまま切手アルバムに保管したまま、という人がほとんどではないでしょうか。
でもその放置した切手の中には、ひょっとしたら貴重な切手や高額切手が混ざっているかもしれませんよ。人気切手や記念切手の買取の相場、一覧をご紹介しますので、ちょっと切手アルバムを見てみませんか。

スポンサーリンク

切手買取、切手を売りたいときにはどうするの?

切手は大きく分けて、手紙を出す時に使う切手とコレクションとしての記念切手があります。
その切手には額面価格があり、切手に書いてある数字は、郵送にかかる金額と同等の価値があります。記念切手も手紙を出す時に使えますが、せっかく記念に買った切手なので、使わないで保管しているのがほとんどですよね。
切手は、郵便物に使うと額面通りの金額の価値しかありませんが、郵便物に使う以外に、切手買取業者に買取してもらうことができます。
買取業者は、額面に基づいて切手の金額査定を行いますが、ほとんどの場合額面の価格より下回ることが多いと言われています。汚れている、破れている、使用済みなどは買取を依頼しても断られることがあります。
逆に記念切手や古い切手、珍しい切手などの希少価値が高い切手は、額面よりも何倍もの買取価格がつく場合があります。

切手買取業者による買取の流れは?

切手買取は、リサイクルショップ、金券ショップなどの実店舗に買取してもらうことが一般的ですが、実店舗の場合は店舗運営の人件費やテナント費用などがかかるため、店舗査定手数料が引かれます。また持ち込み枚数によっては、待ち時間が発生し数時間かかることもあります。
そのため近頃では、全国規模の無料出張買取業者をインターネットで選択し依頼することが増えています。
代表的な買取業者には、買取プレミアム、福ちゃん、バイセルなどがあります。
これらの買取業者は、宅配買取・出張買取があるので、自宅にいながら査定や買取依頼をすることができます。買取プレミアムとバイセルは、店舗買取も行っています。

・宅配買取の流れ
①無料相談・問い合わせページからメールまたは電話で「宅配買取希望」を伝えます。
②依頼主が切手を発送して買取業者が査定し、査定結果を送付します。
③査定結果に納得したならば、買取成約です。支払い振込へ進みます。

・出張買取の流れ
①無料相談・問い合わせページからメールまたは電話で「出張買取希望」を伝えます。
②訪問日を調整して、訪問日に査定員が自宅へ伺い、査定を行います。
③査定結果に納得したならば、買取成約です。自宅にて現金を支払いします。
買取希望の場合、運転免許証・パスポート・健康保険証などの本人確認書類が必要です。
また、査定額が妥当かどうか心配な人は、複数の買取業者に査定を依頼することをおすすめします。

スポンサーリンク

切手買取、どんな切手が高く売れるの?

切手は基本的に郵便物に使用するときは額面どおり、買取依頼すると額面以下の価格が多いです。また換金ショップなどでは、シート以外を買取しない店舗も多いようです。
東京オリンピックや大阪万博など、過去の有名イベントの記念切手を集めたことがある人も多いと思いますが、切手収集人口も減り発行枚数も多いことから、記念切手の価格自体は期待できません。
毎年発行されるお年玉切手シートも、年賀はがきの当選商品であり、発行枚数もかなり多いので、古いもの以外は通常切手とほぼ同じ扱いになると考えたほうが良いでしょう。
高く売れる切手は一般的に、劣化していない、発行枚数が少ない、古い、未使用、マニアに人気があるものです。

切手買取価格と切手カタログの価格は同じ?

切手カタログは郵便切手の種類、発行年度、評価額などが掲載されている切手コレクターなら必ず持っている冊子です。でも注意することは、切手カタログに掲載されている評価額は、切手を購入する場合の参考価格なので、買取価格とは同じではないということです。
切手カタログの評価は未使用、汚れがほとんどない新品の状態が基準なので、買取価格と大きな開きがあるものがほとんどです。自分の持っている切手と同じ切手が高額だったと思っても、発行年度が違うとか、よく見ると別物の場合もあるので、あまり期待をしないほうが無難です。
ただし、切手カタログで高額なものは、マニアの人気がある切手なので、買取価格もカタログほどではないにしろ、比較的高く売れる可能性が大きいです。カタログで高価な切手が無いか、探してみましょう。実際にどの程度の価格なのかは、買取業者に査定してもらうのが一番良いと思います。

切手買取、代表的な切手の価格相場は?一覧をご紹介

代表的な人気切手の価格相場は次のとおりです。切手の状態によって価格は変わりますので、あくまでも参考として考えてくださいね。

(お年玉切手シート)
応挙のとら(昭和25年・1950年):額面2円×5枚=10円・査定額6,000円~8,000円
・少女と兎(昭和26年・1951年):額面2円×5枚=10円・査定額1,000円~1,200円
・その他(昭和27年~昭和31年・1952年~1956年):額面5円×4枚=20円・査定額700円~3,000円
・その他(昭和32年~昭和35年・1957年~1960年):額面5円×4枚=20円・査定額100円~120円

(プレミア切手)
・見返り美人(昭和23年・1948年):額面5円×5枚シート=25円・査定額5万円~、未使用バラ8,000円~13,000円、使用済みバラ4,500円~7,000円
・月に雁(昭和24年・1949年):額面8円×5枚シート=40円・査定額5万円~、未使用バラ10,000円~15,000円、使用済みバラ4,500円~7,000円
・ビードロを吹く女(昭和30年・1955年):額面10円シート・査定額2,200円~7,500円、未使用バラ1,000円~1,500円、使用済みバラ700円~1,000円
・写楽(昭和31年・1956円):額面10円・査定額未使用バラ700円~1,200円、使用済みバラ600円~1,000円
・東京オリンピック(昭和39年・1964年):額面10円募金小型シート・査定額2,000円以上、未使用シート500円~800円、その他バラ額面以上
・日本万国博覧会記念切手(大阪万博)(昭和45年・1970年):額面50円+15円+7円=72円3枚セット・査定額150円~300円
切手買取では、人気がそれほどなく発行枚数が多い場合は、額面割れすることもあるので、通常の切手として使用したほうが良い場合もありますよ。
買取業者に査定を依頼し、額面よりも高い切手だけ買取してもらい、額面割れは通常の切手として使用することをおすすめします。

スポンサーリンク