字が上手くなる方法の始め方!アプリやおすすめの本は?

子どもが書く字を見ると、綺麗な字ならよいですが、あまりにも汚い字だと親として、綺麗な字が書けるようにしたいと思いますよね。
でも、学校ではいつまでも字の練習をするわけではないので、そのままだと綺麗な字が書けないまま成長し、大人になっても汚い字のままというのも少なくありません。
字がうまく書けることで損をすることは一切無いので、子供の時にしっかり字の練習を行うと必ず字が上手くなります。
基本はお子様向けですが、大人にとっても応用できる、字がうまくなる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

字がうまくなる方法、何から始めるの?

字の練習は、書道に通わなくても家庭でできることなので、次のことから始めましょう。
・道具を揃える・・・鉛筆、消しゴム、練習帳など。始めはシャープペンシルやボールペンなどを使う前に鉛筆を使い、持ち方や筆圧の調整ができるようにしましょう。

・練習帳・・・マスの付いた見本をなぞるものや、見本を見ながら書くものがありますが、止め、はね、払いを分かりやすく綺麗に書くコツが書いてある練習帳が良いでしょう。

・丁寧に書く・・・字を書くときは、一字ずつ丁寧に書いて癖がつかないように心がけます。

・練習時間・・・長時間の練習だと集中できないことや、飽きることがあるので、30分など時間を決めて行い、練習後に綺麗に書けていたら褒めてあげましょう。
練習を放置したままではなく、適度に見守って変な癖がつかないようチェックしてください。

スポンサーリンク

字がうまくなるアプリはあるの?

美文字に上達できるという人気アプリが数多くありますが、代表的なものに「美文字判定 書いて添削」という無料アプリがあります。
このアプリはスマホ画面で、タッチペンを使用して字の練習をするもので、書いた文字を添削することもでき、100点満点で採点してくれます。点数を上げるために練習することで、字がうまくなるという訳です。他のアプリも、漢字、ひらがな、カタカナなどをタッチペンでなぞる形式のものが多いですね。
ただし、実際に字を書くときは紙ベースに、鉛筆やボールペンで書くことがほとんどで、タッチペンを使うことはありません。鉛筆とタッチペンでは、筆圧や握り方が異なるので、タッチペンで練習しても、いざ紙に書くとうまく書けないという人が多いです。
字をしっかり練習するには、実際に字を書く鉛筆やペンを使用して、丁寧にしっかり練習することをおすすめします。

字がうまくなるおすすめの本は?

子供用の練習本ですが、大人が基礎を学ぶにもおすすめの本です。
・小学生のための綺麗な字になるワーク(青山浩之著)・・・小学生で習う漢字が中心です。字の外形を6種類に表し、形として認識させます。単語、文章単位で練習するので、バランス良く練習ができます。価格:1,078円。
・なぞらずにうまくなる子供のひらがな練習帳(桂聖・永田紗戀著)・・・ひらがなをなぞらずに写し書きする練習帳です。写し書きなので、見本の字からはみ出して注意されるということがありません。見本を見て、形として真似ることを中心としています。価格:1,100円。
・ミルミルきれいな字が書ける!子どもの美文字ひらがな練習帳(中山佳子著)・・・かわいいキャラクターの絵が多く、飽きずに練習を行うのに丁度良い量です。簡単な字から始まるので、小学生前の子供にもわかりやすい本です。価格:1,100円。

スポンサーリンク