くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ブルーライトカットメガネの効果やメリット・デメリット!

投稿日:

めがね

仕事や勉強でのパソコンや日常生活でのスマホなどは、現代では必要不可欠なツールとして、多く人が使っています。

ところが、それらの画面からはブルーライトという錯乱しやすい強い光が出ており、ちらつきやまぶしさで目が疲れるなど、悪影響を与えていること言われています。

そのブルーライトをカットするメガネが市販されていますが、効果はどうなのでしょうか?
ブルーライトカットメガネのメリット・デメリット、おすすめのランキングについてご紹介します。

スポンサーリンク

ブルーライトカットメガネの効果は?

ブルーライトは、パソコンやスマホの他にも、テレビやゲーム機などからも出ています。

そのため、子供から大人まで幅広い年齢層で視力低下や睡眠不足などの悪影響を与えて問題視されています。
ただし、科学的に解明されているわけではありません。

対抗策として、眼鏡メーカーなどが中心となり、ブルーライトカットメガネを販売しており、主に次の効果が期待されています。

・画面の眩しさやちらつきが軽減されるので、目の疲労が軽減される。

・画面を見つめ続けるために起こる肩こりや頭痛が軽減される。

・視界のぼやけや、もやがかかることがなくなる。

・目の疲労が軽減されることで、睡眠も快適になる。

ただし、画面を見つめ続けるので、目の筋肉が固まるとか体が緊張することで、頭痛や肩こりを起こすこともあるので、目の疲労などの原因が全てブルーライトと断言できません。

そして効果も個人差があり、疲労がなくなったという人もいれば、あまり変わらないという人もいるというのが事実です。

スポンサーリンク

ブルーライトカットメガネのメリット・デメリットは?

ブルーライトカットメガネのメリット・デメリットを比較すると、主に次の違いがあります。

(メリット)
・画面の眩しさや目の疲れが解消される。

・紫外線もカットすることができる。

・普段メガネをかけている人は、メガネをかけても違和感がない。

(デメリット)
・効果をさほど感じない人がいる。
効果に個人差がある。

・普段メガネをかけていない人は、メガネをかけると煩わしい。

・肉眼とちょっと色の見え方が違う。

ブルーライトカットメガネ、おすすめは?

メガネ人気ランキングでもトップクラスのjinsと格安メガネチェーンのzoffのブルーライトカットメガネをご紹介します。

(jins)
豊富なバリエーションのフレームを選んで、ブルーライトカットレンズを入れるので、お気に入りのメガネで仕事やプライベートでも気軽に使用できます。
日常生活なら25%、パソコンやスマホを長時間使用するなら40%のブルーライトカットのレンズを選ぶことができます。
価格5,500円(税込)~レンズの種類によって価格は変動します。

(Zoff)
透明度や自然な色味を重視する人で、明るい場所で長時間作業する場合は約35%カット。

カット率重視の人で日頃からパソコンやスマホを長時間使用する場合は、約50%のカット率のメガネがおすすめです。
またどちらも、UVは99.9%カットです。
価格5,500円(税込)~フレームによって価格は変動します。

スポンサーリンク

-生活
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.