くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

楽天ポイント投資やり方はオススメ銘柄!メリットやデメリット!結果や口コミは?

投稿日:

ポイント

Tポイント、じゃらん、楽天、Amazon、家電量販店など、商品の購入や施設利用などによって、貰えるポイントってありますよね。

そして商品の割引などに、そのポイントを使うことが多いと思います。
しかし、中にはポイントを持っていても、使い道がないとか、貯まっているのを忘れて消滅してしまったという人もいるようです。
そのような人におすすめの使い方があるので、ご紹介しましょう。
それは楽天のポイントを利用して投資を行う方法です。
楽天証券の楽天ポイント投資について、解説します。

スポンサーリンク

楽天ポイント投資とは

楽天ポイント投資とは、楽天のスーパーポイントや楽天証券ポイントを投資信託の購入の全部や一部に使うことができるサービスです。
また投資信託の積立にも、利用できるのです。
楽天スーパーポイントは、楽天の会員登録をして楽天のサービスを利用することで貯まるポイントです。
楽天市場での買い物や楽天カードの利用、楽天ペイ、楽天銀行、楽天トラベルなど多種多様な業種にわたりポイントが貰えます。
またキャンペーンなどを利用することで、通常のポイント以外の期間限定ポイントが貰えることがあるので、しっかり貯めましょう。

楽天ポイント投資のはじめ方は?

楽天ポイント投資を始めるための流れは次のとおりです。
①口座申込・・・「今すぐ申し込む」をクリックして、楽天証券へログインします。
・名前、住所、性別、生年月日、電話番号、メールアドレスなど必要事項を入力します。
・納税方法を特定口座の「確定申告不要(源泉徴収あり)」「簡易確定申告必要(源泉徴収なし)」「通常の確定申告必要(源泉徴収なし)」の3パターンから選択します。この中から「確定申告不要(源泉徴収あり)」を選択すると、証券会社が年間損益を取りまとめ納税まで行うので、確定申告が不要です。税金まで納めてくれるので、便利ですね。
・NISA口座の選択をします。「つみたてNISAを開設」「NISAを開設」「開設を希望しない・あとで登録する」の3パターンから選択します。
・追加サービスの選択で、楽天銀行口座の申込について「申込む」「申込まない」からどちらかを選択します。
・「個人型確定拠出年金(iDeCo)」「楽天FX口座」「信用取引口座」について、「申込む」「申込まない」のどちらかを選択します。
・内容を確認して、申込みます。
②口座開設後、3~4日後にID・パスワードなど、ログイン情報が届きます。
③楽天証券へログインします。
④約2,600以上の投資信託からお好みの商品を選択、ポイントを利用して投資します。

スポンサーリンク

楽天ポイント投資、やり方やおすすめ銘柄は?

ポイントで投資信託を始める場合は、スポット購入と積立注文の2パターンがあります。
①スポット購入・・・最低買付単位100円(ポイント)から購入でき、自分でポイントを入力して注文します。利用上限は1注文あたり、ダイヤモンド会員以外30,000ポイント、ダイヤモンド会員は500,000ポイントです。
・ポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に変更します。
・投資信託を選びます。
・購入するポイントを入力して、注文します。
②積立注文・・・設定した日に毎月引落方法で投資信託を購入します。利用上限は、1日あたりダイヤモンド会員以外30,000ポイント、ダイヤモンド会員500,000ポイント、1か月あたり上限はダイヤモンド会員以外100,000ポイント、ダイヤモンド会員500,000ポイントです。
・注文方法は、注文時点の全てのポイントを使う「すべて使う」、毎月決まった額のポイントを使う「毎日の上限▲▲ポイント」、1か月あたりの上限を決めて使う「毎月の上限▲▲ポイント」の3パターンから選択します。
・設定した内容に従って注文します。
おすすめ銘柄については、投資の初心者のために「年代別のおすすめ」「関心事から考える」「人気商品ランキング」「専門家のおすすめから探す」などの選び方のアドバイスをホープページで紹介しています。
またスマホ専用取引サイトでは、ファンド情報や注文画面を確認でき、ロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」が投資の目的やお好みに合ったファンドの選択をサポートしてくれます。

楽天ポイント投資のメリット・デメリットは?

(メリット)
・現金が無くても、ポイントを使えば100ポイントから投資信託を購入できる。
・リスクが無いので初心者も安心して投資ができます。
・投資に関する経験や知識が得られる。
・投資信託に関係なく、楽天を利用することでポイントが貯まり、そのポイントを利用できる。
・つみたてNISA枠が使えます。
・ポイントが国内株式の購入や手数料にも使えます。

(デメリット)
・期間限定ポイントは使用できない。
・国内株式・投資信託以外の海外商品によるリスク分散ができない。

楽天ポイント投資の結果や口コミは?

投資信託や株を購入しても、必ず儲かるという保証はありません。これはプロの投資家が行っても、初心者のポイント投資でも同じです。
結果的に多少の利益があっても損をするのは、証券会社の手数料などで利益が無くなるからです。
でもポイント投資の場合は、貯まっているポイントのみを利用することで、現金を使うリスクが無いので、損するのはポイントが減るだけです。
口コミの一部をご紹介します。文言は簡略化していますが、意味は変えないようにしています。

・初心者ですが直感で操作しているうちに慣れてきた。手数料無料の商品を購入しているが、現金を使用していないので、続いている。
・通常の証券会社だとセールスが多いが、ポイント投資だと取引が自由にでき、得をしても損をしても納得できる。
・現金でなくポイント使用なので、初心者の投資経験を積みには良いと思う。
・投資するポイントが少ないので、利益もそんなに出ない。
・楽天会員なのでスムーズに口座開設でき、取引も簡単にできる。
・質問に対する回答が遅い。PCだと見やすいがスマホだとチャートが見にくい。
・緊急時のサポート体制が不十分。電話だとなかなか出ないし、通信障害の緊急時は対応してほしい。
・楽天銀行を利用していると、楽天証券と連携しているので、スムーズに取引できる。

Tポイント投資 SBIネオモバイル証券とSBI証券の違いは?メリット・デメリット

インデックスファンドとは?アクティブファンドと比較!JリートやMLPは?

 

スポンサーリンク

-マネー
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.