くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

英会話のシャドーイングのやり方、練習方法とは?リスニングは?

投稿日:

英会話

英会話を学んでいる方の勉強法として
シャドーイング」という方法がありますが、
いわゆる音声を聞いて覚える方法の1つ。

TVなどでも学習教材が紹介されていたり、
上達方法として選ばれていますが、
どんな方法で練習を行うものなのか?

今回はシャドーイングのやり方についてまとめてみました!

スポンサーリンク

シャドーイングの正しいやり方とは?

英会話を学ぶ方法には色々ありますが、
なかなか教室などに通う時間はないけれど、
ちょっとした時間に出来たり、
家庭で気軽に行える方法として「シャドーイング」があります。

シャドーイングのやり方としては、
英文を見ないで音声で流れるスクリプトの後に、
自身で口に出してそのスクリプトを発音します。

決して同時に行うのではなく、
しっかりと聞いた上で行う方法であり、
何度も繰り返し行う事で発音に慣れ、
スクリプトを覚えるのがシャドーイングのやり方です。

その名のごとく「シャドー(shadow)」であるので、
後を追って行うのがシャドーイングなのです。

スポンサーリンク

シャドーイングのやり方、TOEIC「リスニング」とは?

シャドーイングはいわゆる「口まね」で覚える英会話上達法であり、
やや上級者のトレーニング方法であるといいます。

英語には「リスニング」「ヒアリング」とありますが、
いずれも「聞く」という意味でありますが、
リスニングは自身が意識して耳を傾けるという意味があるので、

シャドーイングにはこの「リスニング」という力を付けるのに
最も適した練習法であるといいます。

よく「英語はヒアリング力が大事」といいますが、
そもそもヒアリングという意味は、
特に意識せずとも耳に入って来るという意味なので、

日本語が自然に耳に入って理解が出来る事をヒアリングとするなら、
まだあまり理解が出来ていない状態の場合には
リスニングが必要だという事となります。

リスニングを重ねてヒアリングが出来る様になるといった事と、
しゃべる「スピーキング」を同時にトレーニング出来るのが、
シャドーイングという訳です。

TOEICでは正しく聞いて読む事が大切なので、
シャドーイングでスコアアップを目指す
といったことも期待出来るのではと思います。

シャドーイングのやり方、練習方法とは?

英会話を学びたい場合に、
シャドーイングを行う場合の練習方法は、
始めはシャドーイングに使用する音声をよく聞く事。

慣れて来たら発音し、
始めからはっきりとした発音をしようとはせず、
声に出してみるという事から行います。

つまり「英語に慣れる」という事から始め、
根詰めずにゆっくりと行います。

始めは言っている意味は解らないかもしれませんが、
聞こえた通りに発音すること。

ただ、これだけでは上達は難しいと思うので、
英文の意味や単語をチェックする意味で
テキストがあれば確認すること。

そしてテキストを見ながらシャドーイングを繰り返し、
発音や音の強弱なども意識しつつ、

最後はテキスト無しで音声の後に続いて
発音が出来る様になれるといった流れが初めての方には
合うのではと思います!

スポンサーリンク

-生活
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.