くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

プロシュートとは?食べ方は?生ハムとの違い?パニーノ?

投稿日:

生ハム

比較的手に入り易くなった「プロシュート」
ワインのお供やサンドウィッチなどにピッタリですよね!

そんなプロシュートは生ハムにも似ていますが、
その違いはあるのでしょうか?

プロシュートの食べ方やレシピなど
合わせてご紹介いたします!

スポンサーリンク

プロシュートとは?食べ方、生ハム・プロシュートコットとは?

お店で「生ハム」という表示と
「プロシュート」という表示があって、
見た目には似た様な感じなのに何が違うのか、
疑問に思った事はありませんか?

私自身もそう思った1人ですが、
「プロシュート」も「生ハム」も同じであり、
プロシュートはイタリア産の豚もも肉の生ハムという事。

 

そもそも生ハムといえば日本ではこの豚肉が主流ですが、
他にも馬や羊、兎や猪の肉を塩漬けして熟成乾燥させたものを
総称して「生ハム」というそうです。

プロシュートは正式名を「プロシュット・クルード」といい
「プロシュガーレ=乾燥をさせる」という
イタリア語が語源であるといいます。

名産はパルマ産が半分以上ですが、
他にサン・ダニエーレ産が有名です。

また、似ているものには「ハモンセラーノ」もありますが、
これも生ハムでありスペイン産。

「ハモン=ハム」「セラーノ=山岳地」という意味であり、
山岳地域で作られた生ハムという意味を持つそうです。

なお、加熱処理されたものは、
「プロシュートコット」と呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

プロシュートの食べ方、サイゼリアの場合は?

手軽で安価で食べられるイタリアンレストラン「サイゼリア」
こちらの店舗でもプロシュートがメニューにあり、
テーブルワインなどと一緒に楽しまれる方も多いと思います。

サイゼリアのプロシュートはパルマ産、
1年熟成させた最高級品がリーズナブルに食べられ、
人気のある1品です。

とはいうものの食べ方が今いちわからない
といった方もいらっしゃると思いますが、
特に決りはありません。

しかし、サイゼリアからの提案として、
プロシュートは少し常温に置いて脂身が透明になった頃が
食べごろであると紹介しており、
メニューにもある温かいフォカチオと一緒に食べて美味しい
薄さに設定しているのだそうです。

プロシュートの食べ方、パニーノは?

プロシュートはそのまま食べたり、
パンに挟んだりサラダや食べる寸前に合わせてパスタなど
幅広く食べ方はあると思います。

 

チーズとの相性もよいので、
それもモッツァレラチーズやプロセスチーズなどと
クラッカーに乗せていただくのも美味しい食べ方です。

中でもコストコに売っている「プロシュートパニーノ」は、
モッツァレラチーズにプロシュートをふんだんに巻き付け、
お酒のおつまみには最高なコラボレーションということで
人気のある1品です。

パニーノにおいても同様ですが、
すでにチーズが巻き込まれているので手間がなく、
薄く切ってトマトと合わせてカプレーゼにしたり、
ホットサンドにしてもおいしそうですね!

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.