くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

カプレーゼとは?意味は?カロリーは?おすすめの作り方や簡単・時短は?

投稿日:

カプレーゼ

イタリアンレストランやワインバーで前菜に載っている「カプレーゼ」。
簡単に作れるうえに見た目が華やかで美味しいので、ホームパーティーのメニューとしてもぴったりな料理です。
今回はそんな人気のカプレーゼについて特集したいと思います。

スポンサーリンク

カプレーゼとは?意味は?カロリーは?

カプレーゼとは、イタリア南部カンパニア地方のサラダです。
正式名称である「インサラータ・カプレーゼ」は「カプリ島のサラダ」という意味。

基本的にはスライスしたトマト、モッツアレッラ(本場イタリアでは水牛の乳から作られたモッツアレッラを使います。)、バジル、オリーブオイルを塩こしょう、オリーブオイルなどで味付けしたシンプルなサラダです。

材料からも想像がつくように、カプレーゼは1人前(40g)=170kcalとカロリーも低めです。

モッツアレッラチーズ自体がチーズの中では脂質が少なめで、100g=250kcalと低カロリーなんですね。

スポンサーリンク

カプレーゼのおすすめの作り方は?

カプレーゼは材料がとってもシンプルなので、素材や盛り付け方などちょっとした工夫で差をつけちゃいましょう!
いくつかおすすめの作り方を紹介しますね。

○ピンチョス風

湯剥きしたミニトマトのスライス、モッツアレッラチーズのスライス、小さく切ったバジルを重ねてピンで刺し、塩コショウ、オリーブオイルで調味する。

○重ねてレストランのオードブル風

湯剥きしたスライストマトと、モッツアレッラチーズ、バジルを交互に重ねて塩コショウ、オリーブオイルをかける。てっぺんに綺麗なバジルの葉を乗せて完成!

○ちょっと一味加えて

いつものカプレーゼにアボカドを加えて、ジェノバソース(バジルや松の実、パルメザンチーズ、オリーブオイルなどをペースト状にしたソース)を掛けて。

塩、こしょう、オリーブオイルは素材の良いものを使うと一段と美味しくなります。
トマトもフルーツトマトを使ってみたり、一手間掛けてマリネしたものを使うなどしてみてもいいですね!
バルサミコ酢を煮詰めたものを掛けるのも個人的にとてもおすすめです!

カプレーゼの時短の簡単な作り方は?

時間がない時にもう一品!という時にもおすすめのカプレーゼ。

時短で作るには湯剥きも省き、トマトとモッツアレッラチーズをスライスして並べて上から塩コショウ、オリーブオイル、千切ったバジルを掛けるだけ!
ものの3分で完成です。

モッツアレッラチーズを買いに行く時間がない時は、水切りした豆腐を代用として使うのもおすすめです。

モッツアレッラチーズの替わりにクリームチーズを使っても。
モッツアレッラよりも濃厚なので、少し少なめに使うようにしましょう。

いかがだったでしょうか?
最近はモッツアレッラチーズもスーパーで買うことが出来るので、ぜひご自宅で試してみて下さいね!

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.