くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

喪主の挨拶とは?告別式と通夜の違いは?受付の挨拶は?

投稿日:

葬儀

大切な家族を失った中でも、
次々と執り行う事や段取りがあり、
その中でも挨拶をする事があります。

お通夜や告別式での挨拶、
なかなか忙しい中で考えるのも大変ですが、
ここではお通夜や告別式の挨拶について
ご紹介いたします。

スポンサーリンク

告別式と通夜の喪主の挨拶とは

喪主の挨拶はメモを見ても構いません
故人への手紙の様に読み上げるのもよいですし、
そこへ参列いただいた弔問客へのお礼や、
今後の変わらぬおつきあいを願う様なしめくくりにします。

挨拶にもルールがあり「忌み言葉」は
使わない事と同じ言葉を繰り返す言葉も
使ってはいけないとしています。

「死亡→逝去」
「急死→突然の事」

「生存中→ご生前・生前」などと言い換え、

「重ね重ね」や
「またまた」
「度々」
「再三」
「追って」

といった言葉は使いません

挨拶は3分以内とし簡潔に生前の想い出などを
織り込んだ挨拶でまとめます。

挨拶をして回るのは僧侶や弔問客、
世話役やお手伝いの方々など、
多くの方々に挨拶が必要となりますが、
基本はお礼や感謝を伝えるものなので、
それほど難しいものではありません。

スポンサーリンク

告別式と通夜の挨拶、通夜と告別式の違いとは?

今では親族が遠方であったり、
時間などを短縮して執り行う様なものもありますが、
本来の通夜・告別式の違いが解らない方もいます。

通夜はご遺体を納棺し斎場へと移動し、
お通夜→お通夜振舞いを執り行います。

葬儀・告別式は、
斎場にて葬儀と告別式を執り行い、
火葬場にて火葬しお骨上げをし、
精進料理を振舞い終了といった流れです。

ただ地方によっては自宅でお通夜・葬儀・告別式まで
執り行って火葬場へ向かい、
周辺近隣のご婦人方や婦人会の方々が
精進料理を用意している自宅へと皆で戻り、
時間そこそこで引き上げるという流れもあります。

古く通夜は葬儀の前夜に故人と親しい近親者や、
友人知人が集まり夜を徹して故人と寄り添い、
別れを偲びながら邪霊が寄り付くのを防ぐという儀式です。

しかし現在では告別式に参列出来ない方の
お別れの場という流れに変わっています。

告別式と通夜、受付の挨拶は?

受付係は親族に代わり弔問客を迎える役割を担い、
以外と幅広い役割があります。

全体の式の流れや時間、
会場のトイレの場所や駐車場、遺族の所在やなどを把握し、
質問があった場合には答えられる様にします

受付係自身の焼香は弔問客の少ない時間に行い、
行いましょう

焼香

受付での挨拶は遺族の代わりに挨拶し、
本日はお忙しい中をお越し戴きましてありがとうございます

雨天の場合には「本日は、お足元の悪い中お越し戴きまして
ありがとうございます」と挨拶をします。

香典を差し出したら「お預かりいたします」と両手で受け取り、
一礼し 芳名帳への記載をしていただく様、
「恐れ入ります、こちらにお名前とご住所をご記入お願いします」

芳名帳には番号をあらかじめ付けておき、
香典袋にも番号をふっておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

-通夜・告別式・法事
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.