くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

カモミールティーの効果、飲み過ぎの副作用?妊婦、授乳中は?時間は?

投稿日:

カモミールティー

ハーブティには様々な効能や効果があると言われていますが、
もっともポピュラーである「カモミールティー」には
どんな効果があるかご存知ですか?

香りのよいハーブティー、
その効果や効能を知って使い分けると
よい作用をします。

今回は、カモミールティーの効果や効能
などについてご紹介します。

スポンサーリンク

カモミールティーの効果効能、肌には?カフェインは?

カモミールティーの原料である「カモミール」は、
キク科の植物で白く可愛い花を咲かせます。

その花を摘んでいただくのがカモミールティー、
薄い黄色をしたお茶になります。

カモミールには
「平滑筋」という筋肉を落ち着かせる働きを持ち、
腹痛や胃痙攣、生理痛を和らげる効能を持ち、
神経を鎮める作用により頭痛や睡眠不足改善などにもおすすめです。

カモミールが持つ「アズレン誘導体」という物質は、
胃粘膜を修復し消化機能を助ける働きを持ち、
現代病でもある過敏性腸症候群や胃潰瘍といった、
ストレス性の胃腸症状にも効果をもたらします。

さらには皮膚の刺激や炎症を抑える働きがあり、
敏感肌用の化粧品などにも含まれている事も。

他には膀胱や気管支の炎症、
カモミールティーの湯気を吸うと
鼻づまりなどの鼻症状を緩和させます。

なお、カフェインは含みませんので、
胃が弱い方などにも安心して飲む事が出来ます。

スポンサーリンク

カモミールティーの効果、飲み過ぎによる副作用は?妊婦や妊娠中、授乳中は?

カモミールティーを飲み過ぎる事によって
起こる副作用というものは特にありません

効能はあっても化学的な薬物ではなく、
通常であれば特に問題がないものですが、
ブタクサやヨモギといった植物の
花粉症を持つ方は、

アレルギーを発症させることもある様です。

重度の花粉症の方は、
飲む場合には注意が必要の様です。

また、カモミールには
子宮収縮作用がある様で、
妊娠初期から妊娠中は飲む量に注意が必要の様です。

授乳期については母乳の分泌を促す作用もあり、
育児疲れのママの心を癒す働きもあるので、
育児中のちょっとした休憩に飲んでみるとよいでしょう。

カモミールティーの効果、飲む時間やはちみつは?

カモミールティーの効果的な飲み方は、
夜の入浴前や就寝前がよいとされています。

ローマン種ジャーマン種とがあり、
前者は少々苦味があるのが特徴です。

ホットミルクと割って飲むと
カモミールの安眠効果と牛乳に含まれている
トリプトファンの相乗効果にて安眠を助けるとされています。

甘みを少し足したい場合には、
まろやかな甘みであるはちみつをティースプーンに1杯、
入れて溶かして飲むのもおすすめです。

身体に負担をかけずに安心して飲めるお茶、
なかなか寝付けなかったりちょっと疲れちゃった・・・
そんな時にカモミールティを1杯入れてみてはいかがでしょうか。

自然の恵みいっぱいの味を、
ゆっくりと楽しんでみてください。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.