くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

中学受験の数学や国語の文章問題の自宅での勉強法は

投稿日:

受験勉強

中学受験に向けた勉強法は、
いつ何時でもそうですが、
その子によっても違いがあるので
決まりがある訳ではありません。

ただ、ちょっとしたコツで、
苦手が好きに変わるかもしれません。

どんな勉強法がよいのか、
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

中学受験、自宅での勉強法は偏差値で決まる

中学受験を受けるということであれば、
多くは進学塾に通っている方が多いのでは?
とも思うのですが急に進路変更ということも
なくもない話です。

塾に行かせるべきかどうか?判断基準には、
志望校のレベルや家庭でのサポートが大切であるといいます。

志望校のレベル(偏差値)が高いところであれば
自宅での勉強のみではサポートは難しく、
塾の併用が必要になって来ます。

試験高校や大学受験であれば一般的偏差値の学校であれば
中学の授業で行われた内容からの出題が多いのですが、
中学受験は小学校で教わらない様な
問題が出題される事が多い様です。

目安は偏差値45以上かどうか
無論以下であっても塾に行かなくてもいいというのではなく、
あくまでも1つの目安です。

また、親のサポート力としては学習指導力、
中学受験の問題を親が解けるかどうか?
出来ないということであれば塾に行かせるとよいでしょう。

塾に行かずに自宅で受験勉強をすることは
難しい場合もあると覚えておいてください。

スポンサーリンク

中学受験の勉強法、国語の文章問題は本を読ませる?

国語を克服する際に割と誤解されているのは、
本をたくさん読めば読解力が付くであるとか、
漢字は暗記すればいいから後でいいと思われています。

具体的に漢字が弱いという事でいえば、
書きが弱いのか読みが弱いのか?

どちらも弱いというのであれば
どちらの比率が高いかで学習の優先順位が決まります。

また、文章問題が苦手であるといった場合ですが、
文章の理解をする力をつけなければなりません

国語の問題を解く際には声を出して読む
「音読」ができているかどうか?

読めない漢字があれば理解が出来ないので、
すらっと読める様に繰り返し練習させます。

そして意味を読み取るために、
段落ごとにまとめ感情を表す言葉に着目します。

わからない言葉は意味を知るために
辞書を引いたりドリルを使って問題を解くといった
コツコツと努力が必要です。

中学受験の勉強法、算数が苦手な場合は?

中学受験で偏差値があがらない場合とは、
暗記でどうにかなるだろうと理解力が乏しい場合が多く、
暗記中心で行う勉強法は現在では通用しません。

中学受験も上位の学校以外では、
基礎がしっかり出来ていれば合格出来る学校もあります。

その中でも算数が苦手というお子さんは非常に多く、
苦手であるという子には計算するのが遅い傾向にあります。

計算力を上げる方法に「百ます計算」が効果的で、
基礎を学んだ後にレベルをあげて最終的には
中学入試対策の問題集で勉強するという、
基礎固めで自信を付けさせる事がポイントです。

スポンサーリンク

-小学校
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.