くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

子供の目の下のクマの5つの原因と対処法は?何かの病気?

子供の目

大人になって、社会に出て、
睡眠不足で目の下にクマが
できる方は多いですね。

けれど、子どもにもクマができる子どもがいます。
安心してください。

よく寝かせていても、クマができる子どもはいます。
睡眠時間と子どもにクマができるのとは、
現時点では関わりないといわれています。

スポンサーリンク

目の下にクマができる原因は?何かの病気?

子どもなのにどうしてクマができるのか。
大きく分けて、次の原因があります。
・貧血
・食事アレルギー
・アトピー
・体質
・ドライアイ

子どもの場合は、クマができても、
大きな病気にかかわることはあまりないです。

けれど、アトピーなら、ざらざらした肌になってしまう
こともありますし、
貧血なら、疲れやすいようです。

対処するにこしたことはないでしょう。

スポンサーリンク

子どもにおける目の下のクマ

たとえば、貧血が原因の場合、
「栄養バランスを考えているわ」、という方もいらっしゃると
思いますが、
良く動く、活発な子どもだと、鉄分が不足した状態に
なることもあるそうです。

意識して、鉄分を食卓に出してあげてください。

ドライアイは、テレビやゲーム、スマホなどが原因していることも
多いと思います。

日本小児科学会は、現代の日本の子どもがテレビを
見ることをあまり推奨していません。

この機会に、絵本に切り替えるものよいかもしれませんね。

あとは、体質は、生まれながら、皮膚が薄く肌の色が白いために、
クマができる子どももいるそうです。

これは、大人のクマのできる方と同じですね。

アトピーも体質なので、クマというよりは、アトピーを改善することで、目の下のくまも改善していきます。

食事アレルギーも、毎日一緒に食事をする親が
気づいてあげないといけないですね。

子どもの目の下にくまができたら?対処法は?

貧血が原因の場合は、食事を意識するしかありませんね。

鉄分の多いものを食卓に出してあげてください。

食事アレルギーの場合は、母親が注意深く、
子どもが何を食べたら
クマの程度がひどくなるか

見てあげてください。

アトピーはかゆくなっても、
こすらない、

ひっかかないことが大切なようです。

体質の場合は、血行不良などもあるそうなので、
子どもを十分に遊ばせてあげることも必要かもしれません。

ドライアイの場合は、意識してまばたきをすることだそうです。
それか、テレビを控えるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、
上記の対策をとっても改善しない場合は、
一度はご近所の、優しい小児科医を探されて、
診察を受けてください。
話しやすい小児科医の先生が良いですね。

スポンサーリンク

 - 生活 , ,

  関連記事

リフォーム
マンションのキッチンやお風呂の壁紙、フローリングリフォームの費用?

終の棲家にとマンションを購入して十数年…売却して新しいマンションを購入する勇気も …

桜
夢占い!桜の夢は?蕾と咲き始めと満開、神社や桜吹雪の意味?

桜は春先に豪勢なピンクの花が咲く日本の代表的な樹木です。 実在の桜は三月頃に咲く …

お中元
お中元の相場は?習い事、会社や上司・取引先へはどんなものを贈る?

お中元の準備を・・・と デパートなどへ行くと毎度 いくらのものを贈ろうか悩みます …

赤ちゃんと母親
冬の赤ちゃんの肌荒れの原因や症状!乾燥に注意!保湿クリームで対策!

冬が近づくと、赤ちゃんによっては、肌荒れがみられることがあります。 赤ちゃんとい …

灯油缶
古い灯油や使い切れなかった灯油がポリタンクに残った場合の捨て方!

季節が変わっても灯油が余っていたり、片づけたら忘れていたポリタンクが出てきて、灯 …

足裏のマッサージ
食べ過ぎに効く手・背中・足・足裏のツボ!症状改善や食欲抑制効果!

BBQにお盆や帰省、旅行など、いろんなイベントなどで、楽しいけれど、食べ過ぎ・飲 …

茶色のセーターの女性
セーターの収納!しまい方のコツと型崩れに気をつけた圧縮袋の使い方

冬物衣料の代表といえばニットです。なんといっても暖かいので冬は毎日のように着てい …

認知症予防食事、ココナッツオイルなどの油は?食べ物、運動は?

年を重ね迎えてしまう可能性のある「認知症」 出来るだけ考えたり指先を使うなど、 …

浴衣
浴衣のたたみ方、襟やアイロンは?持ち運びの場合や子供や男性の場合!

洋服のたたみ方はなんとなく習いますが、浴衣のたたみ方は案外と教わらず、シワになら …

離婚届
死後離婚とは?手続きは?死後離婚届?遺族年金や苗字はどうなる?

昔は男性優位の家族の在り方が普通で、亭主関白の家庭がほとんどでしたが、今の時代は …