くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ホタルを鑑賞!季節や時期は?時間帯は何時頃見れる?種類・寿命は?

投稿日:

ホタル

ゲンジボタルやヘイケボタルの幼虫は淡水にすみ、
ゲンジボタルはカワニナを、
ヘイケボタルはカワニナの他にタニシ等を捕食しています。

成虫になると口器の退化のため、
ほとんどの種類の蛍は、
夜露による水分の摂取ができる程度となります。
川の水は飲まないそうです。

その為、
ホタルの成虫は幼虫期に蓄えた栄養分で活動します。

そしてこの栄養分が尽きた時が、
ホタルの寿命となってしまいます。

ホタルのオスとメスでは発光器の数が違います。

オスは発光器が2つあり、良く飛びます。

メスは発光器が1つで、
飛ばずに草などにとまっている事が多いようです。

スポンサーリンク

ホタルを鑑賞できる季節や時期っていつ頃?

ホタルの鑑賞季節は、
4月中旬頃の沖縄を皮切りに日本各地で見られ始め、
8月下旬になると北海道で見ることができます。

春の桜前線の後は、
ホタル前線の北上となります。

国内で良く見かける種類は
ゲンジボタルやヘイケボタルです。

ゲンジボタルの北限は青森といわれおり、
もともとは北海道には生息していなかったそうです。

面白いのは、
ゲンジボタルの光リ方が
西日本と東日本で違うということです。

比べてみると、
西日本では早く点滅し、
東日本ではゆっくりと点滅しているそうです。

ヘイケボタルはゲンジボタルと比べると活動的ではなく、
弱い発光で限られた範囲を飛んでいます。

鑑賞時期は地域によって違いがありますが、
ゲンジボタルは、5月~7月
ヘイケボタルは、6月~8月といわれています。

スポンサーリンク

ホタルを鑑賞できる時間帯は何時頃?場所はどこで見れる?

ホタルが生息する場所は、
きれいな清流がある、山林、畑などです。

ゲンジボタルは日没後、
1時間後くらいから光りはじめます

時間は、午後7時半くらいから午前4時頃の間に3回、
発光して幻想的な光景を広げてくれます。

発光の活発な時間帯は、午後8時頃、午前0時頃、午前3時頃
もっとも活発に動くのは1回目の午後8時頃だそうです。

空間を飛び回るのは雄で、
雌は草などの上にとまっています。

ホタル鑑賞時には、
懐中電灯やフラッシュなどの光をあてないよう
注意してください

ホタルにはどんな種類がいて、寿命はどれくらい?

ホタルの種類ですが、
ゲンジボタルヘイケボタルの他にも
クロイワボタルクメジマボタルなど
日本には40種類以上のホタルが生息しており、
世界では2000種類ほど生息しているといわれています。

ゲンジボタルは別名、十文字ボタル(黒い十文字模様がある)
ヘイケボタルは別名、一文字ボタル(黒く太いすじがある)

などとも呼ばれているそうです。

ホタルの寿命は、
ゲンジボタルの例ですと、
卵から孵化して成虫になるまでに約1年かかります。

生涯の大部分は水中で過ごし、
成虫になってからの寿命は
約2週間程度といわれています。

メスよりも体の小さなオスは、
蓄えられる栄養分も少なくなる為
メスより短命となるそうです。

ホタルの成虫の外敵はクモ類です。
ホタルが飛ぶ時期は
せめてクモの巣を取り払ってあげたいものです。

スポンサーリンク

-ペット
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.