くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

チャドクガを予防・駆除する時期・方法は?業者に依頼するといくら?

投稿日:

チャドクガ 毛虫

チャドクガ(茶毒蛾)とは、
チョウ目ドクガ科の昆虫です。

本州以南の日本各地に分布し、
日本ではよくみかけられる毒蛾です。

サザンカツバキなどの園芸植物に被害をおよぼすほか、
刺されて被害にあう人が後を絶たないやっかいな蛾です。

チャドクガの幼虫(毛虫)は、
年2回、4~6月と8~9月頃に発生します。

そして7~8月と9~11月に蛾(成虫)になります。

チャドクガの体にある毒刺毛に触れるこが、
強いかゆみを引き起こす原因となります。

卵にも産み落とされたときに
この毒刺毛が付着していますので注意が必要です。

被害を防ぐためには、
チャドクガの駆除と予防を行う必要があります。

スポンサーリンク

チャドクガを駆除する方法は?予防方法は?

チャドクガはサザンカやツバキなどに発生します。

チャドクガを駆除する方法は、
殺虫剤をスプレーすることです。

もしも発見したチャドクガが、
ひと塊で枝についていたら
そのまま殺虫剤をスプレーするのではなく、
ビニール袋などを広げ、
その中にチャドクガの付着した枝が落ちるように
切り落とします。

袋の中で殺虫剤を使用すれば、
かゆみや炎症をひきおこす原因となる
毒刺毛にふれる心配はありません

後始末も楽になります。

予防方法には、
薬剤の散布が有効ですが、
定期的に行なう必要があります

また木の剪定も有効な予防方法です。

花後に枝や葉が込み合わない様、
中を透かすように剪定し風通りを良くすることで
予防の効果があるようです。

尚、チャドクガの駆除作業を行なう際は、
直接手で触れないよう、
ゴム手袋を使用したり、
首にはタオルなどを巻くなど肌を出さないよう
十分注意をして行なってください。

スポンサーリンク

チャドクガ駆除の薬剤は何を使えばいい?酢って効果ある?

チャドクガの駆除の薬剤は
オルトラン粒剤もしくは
マラソン乳剤かスミチオン乳剤などの
薬剤をスプレーしてください。

葉の裏に散布することも忘れないようにしてください。

薬剤を使用する際には注意書きを良く読み、
使用方法をよく確認してください。

また、薬剤の散布に不安がある方は、
木酢液竹酢液を水で薄めて、
葉の裏側まで丁寧にスプレーするという方法もあります。

定期的に行うことで効果があるようです。

チャドクガ駆除の時期はいつ?業者に依頼は費用はどれくらいかかる?

チャドクガは年に2回発生しますが、
駆除には、早期発見、早期駆除が不可欠です。

卵や初期の幼虫は群れでかたまっていますので、
この時期に駆除すると大変効果的です。

幼虫や育った毛虫は、
次第に木全体に散らばってしまい、
時間が経つにつれて駆除は大変になります。

園芸用殺虫剤も市販されていますが、
自己駆除が困難と思われた場合は、
専門業者に依頼しましょう。

費用は各業者ごとに料金が設定されており、
駆除の必要な広さ、
木の本数などで変わってくるようです。

私の住んでいる地域の業者では規模にもよるのですが、
2~5万円ぐらいのようです。

自治体によっては
駆除業者を紹介してくれるところもあるようですので、
業者に心当たりがない場合など、
自治体の窓口へ相談されてみてはいかがでしょうか。

ダニを畳から駆除する方法は?

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.