くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

スウィートコーンの栄養やカロリー!!効果は?おすすめの食べ方を紹介

投稿日:

とうもろこし

スウィートコーンはみなさんが
よく知っているとうもろこしです。
そのほかにもベビーコーンや、
ヤングコーンといった種類もあります。
食べ方もたくさんありますので、
これから旬ですので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スウィートコーンの栄養やカロリーは?

私たちの日常の中でもスウィートコーンは、
たくさんの料理に使用されていますよね。
もちろん外食に出かけてもお料理に色つけなどにも
利用されているかと思います。

100グラムあたり92キロカロリーです。

あくまでも可食部だけのカロリーにはなりますが、
焼いたりしたり調理することによって、
より甘さが増したりすると思います。

栄養もとても高い食べ物です。
炭水化物をたくさん含んだ高エネルギー食材
ともいわれています。

他にも、代謝に関わるビタミンB群をたくさん含んでいるので、
暑い夏を乗り切るための食材としても
沢山のレシピがお料理の本に記載されています。

これからの夏には、
スウィートコーンが活躍してくれる時期になりますし、
これからが旬の時期なので、食卓に並べて
みてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スウィートコーンの栄養にはどんな効果効能がある?

スウィートコーンは、リノール酸オレイン酸という、
善玉菌を増やして悪玉コレステロールを
減らす役割があるので、
動脈硬化の予防また、改善に効果があると
言われています。

じつは、スウィートコーンの
甘味成分である糖質は、
消化吸収が早くて夏場のエネルギー補給や、
疲労回復に効果的なのです。

夏のお祭りで屋台で焼きとうもろこしなども
数多く販売されていますよね。
出向いたら食べておくと体にはとってもいいものですので、
食べてみてはいかがでしょうか。

レシピとしてもご家庭ですぐにできるものですし、
一から自分で調理するのもいいかと思います。

しかも、アミノ酸もたくさん含まれているので、
一日に必要な栄養を補ってくれるかと思います。

これからの時期がとっても楽しみですね。
私も早速スウィートコーンを買いに行こうと思います。

スウィートコーンのおすすめの食べ方・レシピは?

個人的なおすすめのレシピはやはり焼きとうもろこしですね。
ベビーコーンを使った料理も捨てがたいところです。

ベビーコーンもサラダには必ず入れてしまいますね。

色も付きますし、効果効能も女性にとっては嬉しいものです。

夏場は料理に使うことが多いですよ。
食べ方としては、サラダにするのが一番オススメです。

もともと持っている栄養を使えるので、
体にもとってもいいことが判明しました。
逆に、とうもろこしを主要にするレシピは
結構難しいかもしれません。

ポタージュもいいと思うのですが、
自分で調理するのって結構難しいので、
自宅でやるとしたら、
一番サラダがいいんじゃないかって思います。

単価も安く済みますし、
何回にも分けて食べることもできるので
わたし的にはオススメです。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.