くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

マロニーとは?カロリーや栄養成分は?春雨との違いは?

更新日:

鍋
某国民的女優さんが「マロニーちゃん♪」と歌う
コミカルなテレビCMが印象的なマロニー

このCMがマロニーの知名度を全国区にし、
実際これで知ったという人も多いのではないでしょうか?
お鍋のだしやスープがよく染み込んでおいしいですよね。

スポンサーリンク

マロニーとは?つまり何なの?

しらたきや、くずきりや春雨の代わりに使うことも多いマロニーですが、
マロニーって一体何?と思っていませんか?

マロニーは主原料が「ジャガイモでんぷん」、
それに「コンスターチ(トウモロコシでんぷん)」を配合したものと
水でできています。

マロニーの原料は国内産の非常に純度の高いでんぷんでできており、
アレルゲンも含んでいないのでアレルギーを持った人や子どもにも安心な食材です。

マロニーには「生マロニー」と「乾燥マロニー」があるのをご存知ですか?
生マロニーは原料からそのまま製麺化され、もっちりぷりぷりした食感が特徴です。

乾燥マロニーは、生マロニーを乾燥させたものです。
食感はつるつるシコシコとしています。
お料理に合わせて使い分けたいですね。

スポンサーリンク

マロニーには栄養がある?カロリーは低い?

マロニーの栄養成分は乾燥マロニー100g当たりで、
タンパク質0.1g、脂質0.2g、炭水化物86.8g、ナトリウム35.3mgです。

カロリーは350kcalです。

マロニーはでんぷんが原料なので、炭水化物が多いですね。
ですから、イメージよりもカロリーも高い気がします。

ですが、マロニーはゆでると4~5倍に膨れるので、
実際に100g食べるとするとカロリーは70~90gで収まります。

またマロニーは低GI食品、低GL食品です。
つまり、マロニーの炭水化物は血糖になりにくく、
マロニー一食分考えても体内で消化吸収される血糖増加度が低い、ということです。
マロニーは同じ炭水化物でも、とても質の高い炭水化物ということができます。

マロニーと春雨の違いは?ダイエットにはどっちがいい?

なんとなく似ているという認識の「マロニー」と「春雨」。
マロニーと春雨の違いはというと、原材料にあります

マロニーがジャガイモでんぷんとトウモロコシでんぷんでできているのに対し、
春雨は芋類のでんぷん(ジャガイモやサツマイモ)や緑豆のでんぷんが原材料です。

カロリーを比較しても春雨も乾物100g当たり、345kcal程度、
茹でたときの膨張率もどちらも4倍程と大差がありません。

しかし、マロニーは膨れて1人前の量が抑えられるだけでなく、
春雨と比べて食べごたえがあります。

そのため麺類の一つとして1食置き換えても満足感が得られるので
ダイエットに向いている食材といえます。

また低GI食品、低GL食品なので、
緩やかに消化吸収されるので、血糖値が上がりにくく
脂肪になりにくいと言われています。

1日の内1食、マロニーに置き換えたら、
1か月で体脂肪が1.2%減少したという実験結果もあり、
ダイエットにも効果的な食材ではないでしょうか?

スポンサーリンク

-鍋料理
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.