くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

鏡開きの由来 おしるこ・子ども・結婚式では?

鏡餅
お正月に飾った鏡餅
子供の頃はいつ食べれるのかなぁ~と
ワクワクとしたものです。

鏡開きには母がおしるこを作って
鏡餅を割った物を食べたものですが、
鏡開きとはいつから始まった風習なのでしょうか?

今回は、鏡開きの由来についてお話をします。

スポンサーリンク

鏡開きの由来とは?子供には?

鏡開きの由来は、お正月に飾った鏡餅を割り、
食べて無病息災を祈ったものとされています。

そもそもは武家社会の風習であり、
鏡餅を刃物で切る事は
切腹と重なり縁起が悪いとされ、
鏡餅を木槌や金槌などで割ることから、
鏡割り」とも言われています。

鏡餅と子供とは深く繋がりがあって、
一生食いはぐれなく丈夫な歯が生えるようにや、
長寿を願って「歯固め」という儀式に
鏡餅が使われたり、
古くの「お年玉」は実は鏡餅である事に由来します。

鏡餅はその年の歳神様の依り代。
つまりは神様が宿った神聖なお餅で、
「御歳魂=おとしだま」であるという説があり、
家長から子供達に食べさせていました。

その時代は子供達が幼くして
命を落とす事も多かった為でしょうね。

鏡開きにおしるこを食べる由来は?

鏡開きをしたお餅を食べる方法として、
おしるこで振る舞われる事が多いですよね。

剣道や武道などの新年の道場開きに
おしるこを振る舞っていた様ですが、
その名残が今に生きている様です。

現在では、おしるこに限らず、
雑煮や揚げ餅として楽しまれています。

特に決まりはないものですが、
小豆は人日の日に食べられる「小豆粥」
など古くより祭祀において用いられていたので
そうした意味と、稽古が終わった後の疲れを解く
糖分補給としておしるこにしたのかな?
なんて思ったりもします。

スポンサーリンク

鏡開きの由来、結婚式では??

結婚式の場では鏡餅ではなく、
樽酒の蓋を割る事を「鏡開き」といいますよね!

樽酒の上蓋を鏡と呼ばれていて、
木槌で割りますが、
結婚式など慶事事で「鏡割り」は縁起が悪いので、
「鏡開き」という言い方のみを使います。

司会者さんが間違えて言ってるときがありますが、
それを聞いて恥ずかしくないかな?と思う事があります。

古来より鏡は物事を映し出すということから、
権威や宝物の象徴とされてきて、
丸く平らな形状から「円満・豊」と意味します。

この儀式は徳川四代将軍徳川家綱が戦いに供え、
先祖の甲冑の前に鏡を飾り出陣の舞の
祝宴をしたことに由来するとされています。

結婚式での鏡開きの意味としては、
新たな門出に際し、健康や幸福を祈願し、
その成就を願うと意味を持ちます。

必勝祈願だったってことですね!

祭りや、選挙の時にも鏡割り(鏡開き)をしていたりしますよね。

また、蓋の部分が開く事を「末広がり」の意味をし、

縁起のよいものとされています。

スポンサーリンク

 - 年末・年始 , ,

  関連記事

習字/書道
小学生、中学生、大人の書き初めの言葉!おすすめの言葉や四字熟語!

通常1月2日に行われる「書き初め」は、古くは宮中で行われていた儀式に由来し、江戸 …

くわい
おせち料理の慈姑(くわい)の意味や由来は?作り方や栄養や効果は?

くわいとは、どのようなものか皆さんはご存知でしょうか。 今回は、くわいの名前の由 …

紙束
年賀状の処分!風水では?郵便局の回収箱?その他の処分方法は?

年々なんとなく残している年賀状の処分って ちょっと困ったりしませんか? お子さん …

おせち料理
おせちのなますの意味や由来!切り方や作り方!どれくらい日持ちする?

「なます」は酢の物としておせちにかかせない料理です。 おせちに入っている大根・に …

門松
門松の意味や由来!竹の切り口や長さや飾り方。飾る・片付ける時期は?

お正月の飾りの1つである「門松」 縁起のいいものであることは解っていても、 本来 …

御歳暮
お歳暮の相場?上司、取引先、親戚、仲人はいくら?

秋も深まり、ハムやソーセージギフトのCMが流れてくると「お歳暮の季節かぁ~」と思 …

雪景色 寒
寒中見舞いとは?時期はいつからいつまで?

寒中見舞いってそもそも需要があんまりないとも思いますが、 れっきとした日本特有の …

鏡餅
鏡餅の意味や由来!いつから飾る?譲葉や橙、昆布、語弊、四方紅の意味

お正月飾りといえば「鏡餅」なぜ、お餅を飾り始めたかご存知ですか? 古くから、日本 …

おせち
おせちの伊達巻の由来!栄養やカロリー!フライパンやオーブンレシピ!

伊達巻は、伊達巻卵とか長崎ではカステラ蒲鉾とも呼ばれる卵料理で、おせち料理の代表 …

おせち料理とお雑煮
お雑煮の簡単なつくり方と地方のお雑煮紹介

今年ももう残すところあと少しとなりましたね。 ついこの間まで暑い暑いなんて言って …